ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 市民局 > 市民局長のメッセージ一覧 > 最後の高原千葉村へお越しください

ここから本文です。

更新日:2018年11月1日

最後の高原千葉村へお越しください

今回は、千葉市高原千葉村についてのお知らせです。

千葉市は、豊かな自然環境における市民皆様の余暇活動の充実や青少年の健全な心身の育成のため、昭和48年から昭和53年にかけて、林間キャンプ場・青少年自然の家・市民ロッジからなる高原千葉村を建設し、これまでに約200万人以上の方に利用していただいております。
特に市立中学校の2年生を対象に、グリーンスクールやホワイトスクールなどの自然教室を高原千葉村で長年実施しており、高原千葉村を訪れたことのある方は多いのではないでしょうか。
しかし、開設から40年以上が経過し、施設全体の老朽化が著しく、今後多額の改修費が見込まれることや、社会環境の変化とともに市民の皆様の価値観やライフスタイルが多様化し、保養施設である市民ロッジを市が運営する必要性が低下しており、また利用者数も低迷していることから、残念ながら平成31年3月14日の宿泊をもって運営を終了し、廃止後の跡施設につきましては、地元である群馬県みなかみ町へ有償譲渡する予定です。

これまで多くの方々にご愛顧いただきましたことに感謝いたします。

今、高原千葉村は紅葉真っ盛りです。周辺ではリンゴ狩りも楽しめ、群馬県が作った「ぐんま名月」や「陽光」は本場ならではのおいしさです。また高原千葉村の温泉は硫黄のにごり湯で、薄緑色の硫黄の泉質は、群馬県内では草津と高原千葉村の2か所だけと言われております。神経痛や冷え症、五十肩等に効能があるそうです。

残り5カ月を切った高原千葉村の秋や冬を楽しむのはいかがでしょうか?shiminlodge3

keshiki

現在、千葉市民の方限定で、12月30日(日曜日)から1月3日(木曜日)までの年末年始の市民ロッジのご利用を11月13日(火曜日)まで受け付けております(お申込みが定員を超過した場合は、抽選により決定させていただきます)。

また、同じく千葉市内在住のご家族様限定で、親子スキーツアーの受付を11月11日(日曜日)から電話で先着順に受け付けいたします(募集定員45名)。日程は12月23日(日曜日)から25日(火曜日)までの2泊3日、千葉からの往復バス・食事・苗場スキー場リフト・スキーレッスン代を含めて大人は24,000円です(中学生は22,000円、小学生は19,500円、4歳以上の就学前児は18,500円)。

最後の高原千葉村へ、皆様のお越しをお待ちしております。

「千葉市高原千葉村」
http://www.city.chiba.jp/shimin/shimin/somu/kogenchibamura/chibamuratop.html

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部市民総務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5153

ファックス:043-245-5155

somu.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)