ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 市民局 > 市民局長のメッセージ一覧 > 千葉高校校庭で自転車事故発生!(2014年5月28日)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2014年5月28日

千葉高校校庭で自転車事故発生!(2014年5月28日)

市民局長の金親です。

今回は、さる5月7日に市立千葉高校校庭で発生した自転車事故について・・・

発生した事故は、自転車と乗用車の衝突事故で、約1,000人の生徒や保護者、地域の人たちの前で起こりました。
原因は自転車の脇見運転(飛び出し)によるものでした。

実はこの事故、プロのスタントマンが実際の交通事故を再現し、事故の恐ろしさを知ってもらうという「スケアード・ストレイト」という方法を採用した交通安全教室の一場面でした。(当然けが人はありませんでした。)

近年、健康志向や手軽な移動手段として自転車を愛用する市民も増え、また多くの高校生も通学方法として自転車を使っています。しかしながら、交通ルールを守らなかったり、マナーの悪さなど社会的な問題も発生しています。
そこで、今回は市立千葉高校を会場に「スケアード・ストレイト」を取り入れた交通安全教室を開催し、自転車に乗る場合に守るべきルールやマナーについて勉強をしてもらいました。
自転車は車両であることから左側通行の順守、携帯電話を使いながらの運転や二人乗りの危険性、違法性、誰もが知っていることですが、交通ルールやマナーを守らないと重大な事故につながってしまう危険性について、実際の事故を目の当たりに再現することで再確認をしてもらいました。
昨年12月には道路交通法の改正があり、自転車が右側路側帯を通行することや、ブレーキが効かない自転車の運転は禁止され、違反した場合は5万円以下の罰金など処罰の対象となり、より強く交通ルールを守ることが求められています。
そして最近では、自転車による死亡事故で多額の賠償金が発生した例もあります。
自転車は重大事故の被害者にもなれば、加害者にもなります。

是非皆様には、自転車に乗る際の交通ルールやマナーについて再確認していただきたいと思います。

千葉市では、自転車のマナーアップイベントや交通安全教室を開催するとともに、出前講座なども行っていますので、ぜひご利用ください。

(自転車の交通安全に関するお問い合わせは市民サービス課へ)
自転車のルールやマナーについて紹介します!

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部市民総務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5153

ファックス:043-245-5155

somu.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)