ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 市民局 > 市民局長のメッセージ一覧 > 新しい形の地域課題解決へのアプローチ

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年11月24日

新しい形の地域課題解決へのアプローチ

市民局長の金親です。

みなさん、「千葉市お祭りデータセンター」ってご存知ですか?

市内の、いつ、どこで、どのような「お祭り」が開催されているのか、そんな情報が一目でわかるWebアプリが「千葉市お祭りデータセンター」です。

そして、このアプリを作ったのは「Code for Chiba」という団体で、千葉市内のIT系エンジニアや、Webデザイナー、そしてICTとは全く縁のない会社員などが参加しています。

 

今、日本全国には各地の名前を付けた「Code for ○○」という団体が数多く生まれつつあり、「Code for Chiba」も2015年1月に誕生した新しい団体です。

この「Code for ○○」の源流はアメリカにあり、Codeすなわちコンピュータ言語に由来しますが、IT系エンジニアを中心に、自分たちの持つスキルを使ってより良い社会を創ろうとの思いから、日本においては「Code for Japan」が設立され、それを母体に全国に、各地の支部(ブリゲード brigade)が設立され、現在は33の公認ブリゲードが各地域の課題を、ICTの力で解決しようと活動を展開しています。

 

「千葉市お祭りデータセンター」は、「Code for Chiba」gazouがその第一歩として取り組んだプロジェクトで、プロジェクトの開始に当たってメンバー間で、日頃感じている千葉市における様々な課題について意見交換が行われ、その中でも特に「地域のお祭り」については、「祭囃子が聞こえてくるとき、どこでお祭りをやっているのかな?」「子どもたちをお祭りに連れて行きたいけど、どんなお祭りが身近であるのかな?」「お祭りに行ってみたいけど情報がないんだよね」・・そんな意見が多く出され、地域のお祭りのデータの可視化をテーマに、プロジェクトを始動させることとなりました。

地域のお祭りの情報は、主に町内自治会が主催団体となることも多いことから、「Code for Chiba」から、市民局へ地域におけるお祭りの情報について相談があり、市としてもそのような情報は一元的に収集していなかったことから、地域の活性化の観点から千葉市町内自治会連絡協議会に協力を求め、各町内自治会へ「地域のお祭り」に関するアンケートを行い、情報を収集するとともに、集まった情報については、誰もが利用することのできるオープンデータとして市のホームページへ公開することとしました。

その結果、「Code for Chiba」では、オープンソースのWEBアプリを構築し、千葉市が提供する「市域のお祭りに関するオープンデータ」と天気API等を組み合わせることで、誰もが使うことのできる「千葉市お祭りデータセンター」が8月にリリースされました。

この「Code for Chiba」による「千葉市お祭りデータセンター」の取り組みは、日本最大のWebアプリコンテストである「Mashup Awards」において、全国から431作品の応募があったなか、市民と行政が連携して地域課題に取り組んだ優れた事例として「CIVICTECH 部門賞」を受賞しました。

 

市民局といたしましても、「地域課題の解決」には市民の力がこれからは大きく求められるものと考えており、従来のような町内自治会、NPOに加えて、「Code for CHiba」のような新しい市民の力が様々な場面で力を発揮してくれることを期待しています。

 

Code for Chiba http://code4chiba.org/

 

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部市民総務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5153

ファックス:043-245-5155

somu.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)