ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 市民局 > 市民局長のメッセージ一覧 > 消費者教育アニメーション(障害者向け)を作成しました(2014年5月1日)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2014年5月1日

消費者教育アニメーション(障害者向け)を作成しました(2014年5月1日)

画像データ市民局長の金親です。
今回は、消費生活センターが作成したアニメーション視聴覚教材『相談する勇気 悪質商法に負けないぞ!』をご紹介します。
このアニメーションは、軽度の知的障害や発達障害のある若者が巻き込まれやすい消費者トラブルについて、分かりやすく学ぶことを目的としたもので、大学教授や特別支援学校教諭等で組織した「障害者向け消費者教育DVD制作検討委員会」に、専門的観点から指導・助言をいただき、制作しました。
このアニメーションを作成する上で、特に配慮したのは、次の3点です。

  1. 親しみやすさ
    同世代のアニメーションキャラクターを主人公に設定することで、親しみやすく、学習効果を高めることに配慮しました。
  2. 分かりやすさ
    知的障害や発達障害のある若者に伝わりやすいものとするため、セリフを短く、重要な個所の反復を増やした。また、事例もよく見られる3つのものに厳選しました。
  3. 保護者・支援者向けの解説
    トラブル事例への解説編も作成しました。

本編では、まず、20歳前後の男女3人の主人公が、ワンクリック請求などの3つの悪質商法等に巻き込まれます。
主人公は、どうしたら被害にあわずにすむのか、被害にあった場合はどうすればよいのかを「天の声」を通じて学んでいきます。そして、家族や友達等周囲の人々や消費生活センターに相談することの大切さを理解していくといったストーリーになっています。
また、保護者や支援者向けの解説編では、本編の悪質商法事例の解説や留意点がご覧いただけます。

今回作成したアニメーションは、軽度の知的障害や発達障害のある若者の特性に配慮し、作成されたものではありますが、中学生以上の若者にも同様に見られる消費者トラブルが内容となっています。
本編は20分程度であり、消費生活センターや市内の図書館でDVDの貸出を行っている他、市ホームページ(下記URL参考)でも動画を配信しています。
若い方々にはご自分のために、そして大人の方々には、お子さんをはじめとするあなたの身近な方々を取り巻く現在社会の一端と捉え、ご覧いただき、皆さんが消費者トラブルについて考えるきっかけになっていただければと思います。

http://www.city.chiba.jp/shimin/seikatsubunka/shohi/soudansuruyuuki.html

このページの情報発信元

市民局市民自治推進部市民総務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5153

ファックス:043-245-5155

somu.CIC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)