ホーム > くらし・地域・手続 > 安全・安心のまちづくり > 火災・防火 > 火災・防火に関する重要な情報 > ガソリン・プロパンガスの取り扱いに注意してください。

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年8月15日

ガソリン・プロパンガスの取り扱いに注意してください。

平成25年8月15日、京都府福知山市の花火大会会場で多数の死傷者を出す火災が発生しました。

この火災を受けて総務省消防庁から「多数の観客等が参加する行事に対する火災予防指導等の徹底について」(PDF:629KB)が発出されました。
花火大会、夏祭り、秋祭り等の多数の観客等が参加する行事において火災が発生すると被害が甚大となるおそれがあります。このような火災を防ぐために、屋台等で使用される火気・ガソリン等の危険物・プロパンガス等の取り扱いについて細心の注意が必要です。

ガソリンの取り扱い・保管に関する注意事項

1 ガソリンの危険性 

ガソリンは気温がー40度でも気化し、ライター・静電気等の小さな火源でも爆発的に燃焼する物質です。取り扱う際は、十分な注意が必要です。また、保管することは極力控えてください。

2 ガソリンを入れる容器

ガソリンを入れる容器は、消防法令により一定の強度を有する材質のものを使用することとされています。特に、灯油用ポリ容器にガソリンを入れることは非常に危険なので、絶対に行わないでください。

3 ガソリン携行缶の使用手順

  1. まわりに火気がないことを確認し、携行缶を水平な場所に置く。
  2. エア調整ネジを緩め、圧縮された空気を抜く。
    この操作を行わずにキャップを開けると、圧縮された空気とともにガソリンが噴き出すおそれがあります。
  3. キャップを外す。
  4. 給油口(キャップを外した部分)にノズルを取り付ける。
  5. ノズルをまっすぐにして給油する。
  6. 給油口からノズルを外す。
  7. キャップとエア調整ネジを確実に締め付ける。

4 ガソリンスタンド利用時の注意事項

セルフスタンドでは利用客が自らガソリンを携行缶に入れることはできません。

5 プロパンガスボンベをガスこんろ等に接続する際の注意事項

  1. ガス漏れを防ぐため、ゴムホース等は器具との接続部分をホースバンド等で締め付けてください。
  2. ゴムホースは、適正な長さで取り付け、ひび割れ等の劣化がないか点検してください。
  3. プロパンガスボンベは、直射日光の当たらない通気性の良い場所に設置し、転倒しないよう固定してください。

 4. 1本のガスボンベから2本以上の機器に分岐してガスを供給してはいけません。(それぞれに開閉栓を設けた場合を除く)


  ※印刷する場合は、リーフレット(PDF:304KB)をご利用ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

消防局予防部予防課

千葉市中央区長洲1丁目2番1号 セーフティーちば4階

電話:043-202-1613

ファックス:043-202-1669

yobo.FPP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)