ホーム > くらし・地域・手続 > 安全・安心のまちづくり > 火災・防火 > 知識・予防 > 火災予防情報 > 火災が急増中!!~火の用心!あなたの家は大丈夫?~

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年2月1日

火災が急増中!!~火の用心!あなたの家は大丈夫?~

平成31年1月1日から1月31日までの期間に、千葉市消防局管内において、火災が51発生(前年比29件増)しております。空気が乾燥していると、火がつきやすいだけではなく、火のまわりも早くなるため、ちょっとした出火が大火に繋がります。今一度、自宅の防火対策を見直しましょう。

住宅防火『いのちを守る7つのポイント』

3つの習慣

・寝たばこは絶対やめる。

・ストーブは燃えやすいものから離れた位置で使用する。

・ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

・寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

7つのポイント

 

住宅火災の主な原因と対策

放火対策

放火されない環境づくりを!ごみは収集日に出しましょう!

放火・ごみは指定された日時・場所に出す。

・家の周りに燃えやすい物を置かず、常に整理整頓をする。

・物置、車庫には「カギ」をかける。

たばこ火災対策

灰皿に吸殻を溜めないようにしましょう!

・寝たばこはしない。たばこ

・灰皿の周りに燃えやすい物を置かない。

・灰皿に水を入れておく。

こんろ火災対策

こんろのそばを離れるときは必ず火を消しましょう!

こんろ・調理中はその場を離れない。

・こんろや換気扇はこまめに掃除をする。

・安全装置付のこんろを使用する。

 

 

電気配線火災対策

電気機器の配線やプラグは異常がないか、定期的に点検しましょう!

コンセント・たこ足配線をしない。

・電気コードを束ねたまま使用しない。

・その場を離れるときは必ず電源を切る。

 

たき火火災対策

風の強い日のたき火はやめましょう!

たき火・燃えやすい物のそばで、たき火をしない。

・その場から絶対に離れない。

・たき火が終わったら、水をかけて確実に消す。

 

ストーブ火災対策

周囲に燃えやすい物を置かない!

ストーブ・外出時、就寝時は必ず消す。

・石油ストーブ等は、必ず消してから給油する。

・洗濯物を乾かすために使用しない。

 

 

火災の早期発見・初期消火のために!

住宅用火災警報器

住宅用火災警報器は、火災により発生する煙や熱をいち早く感知して、「大きな音」や「音声」で火事を知らせてくれるものです。

火災による死因の多くが「逃げ遅れ」です。住宅用火災警報器を設置することで、少しでも早く火災に気づくことができ、初期消火や安全な避難が可能となります。

近年は、火災を感知した警報器だけではなく、連動設定を行っているすべての警報器が無線信号を受けて、警報を発する仕組みの「連動型住宅用火災警報器」が流通しています。火災の早期発見のために、設置を検討してみてください。

住宅用火災警報器は、住宅火災からあなたを守ります。

住宅用火災警報器の設置場所

住宅用火災警報器は設置から10年を目安に本体の交換をお勧めします!

 

【連動型住宅用火災警報器イメージ】

連動型

 

 

 

 

 

 

住宅用消火器

万が一火災が発生しても『消火器』を備えていれば、安全確実に初期消火を実施でき、被害を最小限に食い止めることができます。消火器というと「大きくて置き場所がない」と思われる方や「重くていざというときに上手く使えないのでは?」と思う方も多いかもしれません。しかし、現在は通常の消火器より軽くて小さい『住宅用消火器』や、女性や高齢者でも扱いやすいスプレータイプの『エアゾール式簡易消火器具』というような器具も販売されています。特に高齢者のおられる過程には、これらの器具を揃えておくことをお薦めします。

安全確実な初期消火のために

住宅用消火器使用方法(JPG:296KB)

防炎製品

繊維など可燃物の燃えやすい性質を改良し、燃えにくい素材・燃え広がりにくい素材で作った製品のことを言います。小さな火源(マッチ・ライター)を接しても炎が当たった部分が焦げるだけで容易に着火せず、着火しても自己消火性(自ら延焼拡大を停止する性能)により、容易に燃え広がることはありません。
防炎品には、消防法で規制されている『防炎物品』とそれ以外の『防炎製品』とがあります。一般のご家庭で使用するものは後者の『防炎製品』に該当します。

防炎製品をお勧めします!

防炎



 


このページの情報発信元

消防局予防部予防課

千葉市中央区長洲1丁目2番1号 セーフティーちば4階

電話:043-202-1613

ファックス:043-202-1669

yobo.FPP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)