• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年4月13日

1964年千葉市で開催された行事

1964年東京オリンピック・パラリンピックが開催された当時、千葉市では聖火リレーが走り、近代五種競技のクロスカントリーが東京大学検見川総合運動場(花見川区)で開催されました。

本市で催された行事

  1. 聖火リレー(昭和39年10月6日~7日)
  2. 近代五種競技 分火リレー(昭和39年10月14日)
  3. 近代五種競技 クロスカントリ―(昭和39年10月15日)
  • 1964年東京オリンピックは、開催競技は20で、162種目。10月10日(土曜日)に開会式、11日(日曜日)から23日(金曜日)までの13日間に大部分の競技がおこなわれました。閉会式は10月24日(土曜日)でした。
    会場は東京21ヵ所、神奈川5ヵ所、埼玉5ヵ所、千葉1ヵ所、長野1ヵ所の計33ヵ所でした。

昭和39年9月号の市政だよりで、本市で催される行事を紹介しています。
seika02

1.聖火リレー

聖火リレーは、10月6日午後3時10分に本市に入り、13区間、273人によってリレーされました。6日は市内に一泊し、7日朝、県庁前を出発。午前9時38分習志野市に引き継がれました。

聖火リレーコースの詳細(中継所は当時の呼称・下図参照)
[10月6日(火曜日)]
樫浦商店前―若松小学校入口―兼坂停留所―養護老人ホーム前―千葉刑務所前―本町広小路―千葉県庁前4時着(到着式をおこなう)
[10月7日(水曜日)]
千葉県庁前(午前8時30分発)―新千葉駅入口―共済海の家跡―稲毛駅入口―検見川三叉路―幕張消防署前―幕張新田―(9時38分習志野市にひきつぐ)

聖火リレーの様子
seika-010-01 seika-010-02

seika-010-03

2.近代五種分火リレー

昭和39年10月14日、千葉寺の県営競技場に分火がヘリコプターで運ばれ、そこから高校生10人の手によってリレーされ、翌15日クロスカントリー会場(東京大学検見川総合運動場)の聖火台に点火されました。
聖火リレーは23人で編成されましたが、分火リレーは1走者だったそうです。

千葉市政だより(昭和39年10月号)にはリレーコースが紹介されていました。
seika-02

3.近代五種競技クロスカントリー

昭和39年10月15日東京大学検見川総合運動場(現:花見川区)で実施されました。
近代五種競技は10月11日から実施され、千葉市以外の場所で、馬術・フェンシング・射撃・水泳が行われ、最終日にクロスカントリーが実施されました。

近代五種競技を伝える千葉市政だより(昭和39年3月号)
seika-03
この市政だよりでは、会場である東大検見川総合運動場を、「広さ26,400平方メートル、やわらかい芝生が広場一面に密生し、ゆるく起伏する丘に点在する松の植込みなどは健康感をそそるに充分で、世界最強の選手たちを迎えても恥ずかしくない場所です。」と紹介しています。
また、市政だよりでは、近代五種競技について以下のように紹介しています。
「オリンピックの創始者といわれるクーベルタンが、古代オリンピックの軍人競技をモデルにして考案したものです。1人の競技者が5種目にわたり競技するもので、順序と種目はつぎのとおりです。
[第1日・馬術]2.5キロから5キロのコースの中にある5ヵ所の障害物を征服する競技です。
[第2日・フェンシング]参加者全選手の総当たり戦で、勝利数を点数に換算します。
[第3日・射撃]5発づつ4回にわけて発射され、その得点を集計します。
[第4日・水泳]300メートルを自由形で泳ぎ、そのタイムを得点に換算します。
[第5日・クロスカントリー(断郊競争)]山野を横断して走る競争。4,000メートルの距離を1分ごとに1人づつスタートします。得点は15分で1,000点、それ以上(以下)の1秒について3点を減少(増加)します。
このように、五種目全部が得点に換算され、その大小によって順位が決定します。1人が5日間、毎日1種目づつといっても体と気力の充実があってはじめて参加できる競技でしょう。
この近代五種は第5回ストックホルム大会から登場した競技で、過去10回の大会ではスウェーデンが8回、ハンガリー、ドイツが各1回優勝しています。」

競技会場の様子
gosyu-01 gosyu-02

競技終了後、歓迎レセプションが開かれました。
gosyu-03

このページの情報発信元

総合政策局オリンピック・パラリンピック推進部オリンピック・パラリンピック調整課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター2階

電話:043-245-5048

ファックス:043-245-5299

opchosei.POP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)