更新日:2018年8月16日

ここから本文です。

体験競技紹介

「パラスポーツフェスタちば2017」で体験できる競技の紹介です。
一部の競技では、チーバくん、ちはなちゃん、かそりーぬも一足先に体験しています。
当日は会場にも登場し、みなさんの体験を応援します。

キャラクターが応援

写真左から

  • 千葉県マスコットキャラクター「チーバくん
  • 「花のあふれるまちづくり」シンボルキャラクター「ちはなちゃん
  • 加曽利貝塚PR大使「かそりーぬ
ゴールボール シッティングバレーボール テコンドー 車いすフェンシング
車いすバスケットボール ウィルチェアーラグビー ボッチャ  

 ゴールボール(事前予約制)

視覚障害者の競技で、鈴の入ったボールを互いに投げ合い、得点を狙う対戦型競技です。コートに入る選手は3人で、選手は全員アイシェード(目隠し)を着けて見えない状態でプレーします。
体験会では、動きを練習して、アイシェードを着けて試合を行います。

ゴールボール日本代表
ディフェンスする日本代表
2017ジャパンパラ競技大会より)
ゴールボールに挑戦
キャラクターもアイシェードを着けて挑戦。
ナイスディフェンス!

 

 シッティングバレーボール(事前予約制)

座ったままでプレーするバレーボールです。常に臀部(おしりから肩まで)を床に接触させたままですべてのプレーを行います。
体験会では構えやフットワークを練習し、試合を行います。

ディフェンスするキャラクター
相手のアタックをブロックするキャラクター達
レシーブ

ちはなちゃんの見事なレシーブ!

 

 テコンドー

「蹴る」ことに特化した韓国の国技で、上肢に障害のある選手が対象です。選手はヘッドギア、ボディープロテクターなどを装着して、かかと落としや後ろまわり蹴りなどの足技で戦います。
パラテコンドーは、東京2020パラリンピック競技大会で初めて正式競技となります。
体験会ではミット打ち等を体験できます。

テコンドー1

小さいお子さんでも体験が可能

 

 車いすフェンシング

車いすに座った選手が、相手を剣で突いてポイントを競う競技です。車いすフェンシングのルールは、基本的に健常者のフェンシングと同じですが、「ピスト」という装置に車いすを固定し、上半身だけで戦うという特色があります。
体験会では、マスクを着け、選手と「突き」を体験できます。

車いすフェンシング体験
選手の剣さばきは目にも止まらぬ速さ!
昨年の体験会の様子

 

 車いすバスケットボール

車いすに乗ってプレーするバスケットボールです。すばやく動け、また、回転しやすいバスケットボール専用の車いすが使われます。
体験会では、車いすに乗ってシュートを行います。

チーバくんとちはなちゃんパス交換
チーバくんとちはなちゃんのパス交換!
ちはなちゃんシュート

ちはなちゃん、しっかり狙ってシュート!

 

 ウィルチェアーラグビー

四肢に障害のある人向けに考案された、車いすで競技するチームスポーツです。相手の攻撃を阻止したり防御を打破するため、車いすによるタックルが認められるなど、激しいスポーツです。
体験会は、車いすに乗ってタックルを体験できます。

激しいウィルチェアーラグビー
タックルが認められる激しいスポーツ
2017ジャパンパラ競技大会より
ボールは専用球
ボールは楕円形でなく、バレーボールに似た滑りにくい専用球
キープするちはなちゃん
選手にボールを奪われないようボールをキープするちはなちゃん

 

ボッチャ

重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツで、「ジャックボール(目標球)」と呼ばれる白いボールに向かって、赤と青、それぞれ6個のボールを投げる、転がすなどして、どれだけジャックボールに近づけられるかを競う競技です。
体験会ではすぐに試合を体験します。

ボッチャで勝負
赤チームと青チーム、どちらもジャックボール付近にボールを寄せる好勝負!

 

このページの情報発信元

総合政策局オリンピック・パラリンピック推進部オリンピック・パラリンピック調整課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター2階

電話:043-245-5048

ファックス:043-245-5299

opchosei.POP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)

関連リンク