ホーム > 魅力・観光 > イベント・観光・市の紹介 > 千葉市の紹介 > 「千葉駅モノレール連絡通路」ラッピング絵画

ここから本文です。

更新日:2016年12月9日

「千葉駅モノレール連絡通路」ラッピング絵画

千葉駅モノレール連絡通路を4つの地域資源のラッピング絵画で演出しています!

千葉市の都市アイデンティティ(千葉市らしさ)の確立のため、4つの地域資源「加曽利貝塚」「オオガハス」「千葉氏」「海辺」のラッピング絵画を千葉駅モノレール連絡通路の壁面や天井等に掲示しています。
絵画の特徴として、日本画で使用する「もみ紙」の手法が採用され、墨と毛筆のその場で描いたようなライブ的な表現がなされています。
全景1 全景2 

ラッピング絵画

掲示されている絵画の一部をご紹介します。
ここで紹介していない絵画もありますので、千葉駅にお越しの際には、是非一度ご覧ください!

加曽利貝塚
加曽利貝塚
(縄文式土器)

オオガハス
オオガハス
千葉氏
千葉氏1
(野馬追・野馬取)
千葉氏2
(北斗七星(妙見信仰))
海辺
海辺
(ウィンドサーフィン)
海辺2
(カモメ)

 ラッピング絵画の作者について

<作 者>
NARAMIX(渡邉 万莉菜)
(公式ホームページはこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

<経歴等>
千葉市在住の美術家(1989年生まれ)
東京芸術大学大学院絵画研究科修了
第12回千葉市芸術文化新人賞受賞(平成25年度)

 

 

このページの情報発信元

総合政策局総合政策部政策調整課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5660

ファックス:043-245-5476

chosei.POC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)