ここから本文です。

更新日:2018年9月6日

第1回 千葉氏サミットを開催しました

   平成28年8月21日に「第1回千葉氏サミット」を開催し、「千葉氏」に縁のある11自治体の参加首長等による意見交換や、郷土史家によるパネルディスカッションなどを行いました。

 また、サミット会場周辺で各自治体の名産品販売などを行いました。

sumitt042

サミットの概要

  1. 日時: 平成28年8月21日(日)13:30~17:50
  2. 場所: 三井ガーデンホテル千葉(中央区中央1-11-1)
  3. 内容等:

①●基調講演(13:30~14:45)

【講師】野口 実氏(京都女子大学名誉教授、同大学宗教・文化研究所客員研究員)

【テーマ】「東アジア世界・列島社会の中の千葉氏」

      ●歴史家トークセッション(15:00~16:20)サミットポスター 

参加自治体の郷土史家によるパネルディスカッション

②首長フォーラム(16:30~17:50)

参加自治体の首長による取組み紹介・今後に向けた意見交換

【テーマ】「月星でつながるまちの絆~地域の資産から日本の遺産へ~」

共同宣言

 「第1回千葉氏サミット 首長フォーラム」での議論を踏まえ、「千葉氏」にゆかりがある11自治体の首長は、次のとおり共同宣言を行いました。

 

千葉氏サミット 共同宣言書

 人口減少・少子超高齢社会を迎え、各自治体が将来においても持続的に発展していくため、地方創生に向けた様々な取組みが行われています。

 本日、サミットに参加した千葉氏にゆかりのある自治体は、社会が大きく変革した中世において、いずれも「千葉」一族によって、まちが成立し、発展をとげてきた歴史を持っており、血縁の深い絆や厚い信頼の上に、互いに固く結束していたことをここに再び確認いたしました。

 この縁(えにし)を大切にし、これからも「千葉氏」という共通の歴史的、文化的資源を通じた相互交流により友好関係を深め、それぞれの地域の活性化に向け経済や観光、防災など様々な分野での連携を促進するとともに、次のような取組みを進めることとし、ここに宣言いたします。

一、      「千葉氏」の全国的知名度の向上を目指します。

一、      「千葉氏」に関する歴史や文化について、「日本遺産」認定を目指します。

 

平成28年8月21日

岩手県一関市長     勝部 修

宮城県遠田郡涌谷町長  大橋 信夫

福島県相馬市長     立谷 秀清

福島県南相馬市長    桜井 勝延

千葉県千葉市長     熊谷 俊人

千葉県佐倉市長     蕨  和雄

千葉県印旛郡酒々井町長 小坂 泰久

千葉県香取郡多古町長  菅澤 英毅

千葉県香取郡東庄町長  岩田 利雄

岐阜県郡上市長     日置 敏明

佐賀県小城市長     江里口  秀次   (PDF:115KB)

※首長フォーラムでの読み上げ文と一部異なりますが、議論の趣旨を踏まえ各都市と調整の上文言の整理をしています。

資料を公開します

千葉氏サミット会場で配布した資料を公開します。

※当日配布した内容と一部異なる部分がありますが、各都市と調整の上資料を整理をしています。

議事録を公開します

千葉氏サミットの議事録を公開します。

※発言と一部異なる部分がありますが、議論の趣旨を踏まえ各都市と調整の上文言の整理をしています。

動画を公開します

千葉氏サミット当日の様子を収録した動画を公開しています。 ⇒ こちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

総合政策局総合政策部都市アイデンティティ推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5660

ファックス:043-245-5476

identitysuishin.POC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)