ここから本文です。

更新日:2018年11月16日

オオガハス 

古代のロマンを秘めた世界最古の花

植物学者大賀一郎博士は1951(昭和26)年、東京大学検見川厚生農場(現東京大学検見川総合運動場)の地下6メートルにある約2000年前の泥炭層から、ハスの実を発掘しました。

博士はこの実を開花させることに見事に成功し、オオガハスと名づけました。

オオガハス

広がるハスの花

その後、多くの人たちに守られながらオオガハスは国内・海外の100か所以上に分根され、花の親善大使の役割も果たしています。

1993(平成5)年には、政令指定都市移行を記念して「市の花」に制定されました。

開花は6月から7月

毎年6月から7月にかけて、千葉公園などで淡紅色の優美な花を咲かせ、市内外から多くの人が鑑賞に訪れます。

ogahasu

千葉公園のオオガハス

 

chihana

花のあふれるまちづくりシンボルキャラクター「ちはなちゃん」


このページの情報発信元

総合政策局総合政策部都市アイデンティティ推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5660

ファックス:043-245-5476

identitysuishin.POC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)