ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 総合政策局長のメッセージ一覧 > 「千葉市まちづくり未来研究所」(市民シンクタンクモデル事業)が10月18日始動(2014年10月21日)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2014年10月21日

「千葉市まちづくり未来研究所」(市民シンクタンクモデル事業)が10月18日始動(2014年10月21日)

こんにちは。総合政策局長の川上です。

前回のメッセージで、「千葉市まちづくり未来研究所」(市民シンクタンクモデル事業)の研究員公募についてご紹介しました。
モデル事業の研究テーマは、「自転車によるまちづくり」。
今回の募集では、自転車に関する知識・経験や関心をもつ51人の方々からご応募いただき、その中から、書類審査と面接を経て、このたび、15人の研究員が決定しました。
幅広い年齢層から、職業もお住まいも人生経験もバラエティに富んだ方々に参加していただけたものと考えています。

これから約1年かけて、自主運営のグループワーク等を通じ、政策提言をとりまとめていただく予定であり、研究活動開始にあたり、10月18日(土曜日)に、キックオフミーティングを開催しました。
当日は、熊谷市長からの委嘱状交付などに続き、後半は研究員の皆さんによるグループワークへと進みました。
自主運営という初めての試みに当初戸惑いも見られたものの、徐々に調子が上がり、「自転車によるまちづくり」をキーワードに「放置自転車やマナー」「道路環境やサイクリングロード」「ツーリングや自転車レース」など様々な角度からの意見が出て、皆さんそれぞれの自転車に対する想いを理解するため、活発なディスカッションが行われました。





多様なバックウラウンドや経験をお持ちの研究員の皆さんによる研究活動から、どんな提言が出てくるのか、楽しみです。提言のうち可能なものについては、市の施策に反映していきます。今後の「千葉市まちづくり未来研究所」の活動に、どうぞご期待ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)