ホーム > しごと・産業 > しごと・産業・企業立地 > その他しごと・産業 > シェアリングシティ宣言へ参加します

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年11月24日

「シェアリングシティ宣言」へ参加します。

 千葉市では、高度化・複雑化する地域課題の解決の一手法として、シェアリングエコノミーの活用の検討を進めております。
現在、国において、シェアリングエコノミーのメリットを広く社会全体に浸透させるため、シェアリングシティ構想の検討を進めており、今後、さらにシェアリングエコノミーの研究や活用を進めていくため、「シェアリングシティ宣言」に参加します。

1 趣旨

 本市においては、シェアリングエコノミーについて、公共の遊休資産の有効活用や、新たな観光資源の開発につながる地域資源の活用、市民が持つスキル等のシェアリングにより、地域経済活性化や、新たな地域共助等が期待できると考えており、シェアリングエコノミーに関するサービスを提供する事業者等と意見交換を実施し、その可能性や課題に係る意見交換等を行っております。
実際に取組みを進めるにあたっては、様々な規制の整理や、サービスを享受する際の安全性の担保など、解決すべき課題も少なからずありますが、国や事業者等との意見交換や情報収集を重ねながら、シェアリングエコノミーの研究や活用を進めていくため、「シェアリングシティ宣言」に参加するものです。

2 シェアリングシティ宣言に係る記者発表会について


国際ビジネスカンファレンス「Share! Summit シェア経済サミット」に先立ち、一般社団法人シェアリングエコノミー協会が開催するもので、シェアリングエコノミーの最新事例の紹介や、シェアリングエコノミーを活用した地方創生に取り組む自治体首長から、その取り組みなどを発表する機会です。当日は、本市の他、趣旨に賛同する自治体が同宣言を行います。

  1. 日 時 平成28年11月24日(木)17時から
  2. 会 場 東京都千代田区平河町2-5-3 シェアリングエコノミー協会事務所
  3. 出席者 熊谷市長

3 本市の主な取組み

1 MICE誘致の促進

 国際会議等MICE誘致の都市間競争は激化しており、MICE開催地として千葉市の魅力向上に努めることは不可欠となっております。

 歴史的建造物、文化施設や公的空間等で、会議・レセプションを開催することで特別感や地域特性を演出できる会場・会議室等、MICE誘致に大きな効果を発揮するユニークベニューの積極的な活用もその一つであることから、空きスペースの所有者と利用希望者のマッチングを行う株式会社スペースマーケットと連携し、本市内にあるユニークベニュー施設の利用を促進するとともに、宿泊や飲食に伴う経済波及効果等の検証を行ってまいります。
お問い合わせ:観光MICE企画課 ℡043-245-5282

2 季刊の体験型観光プラン集「千葉あそび」とのタイアップ

 本市の魅力的な体験型観光プランを紹介する無料誌「千葉あそび」は、2020年に当市で7つの競技が開催されるオリパラに向けて「魅力の発掘と、発掘した魅力の体験プラン化」「来訪客を迎える機会増によるおもてなしの質の向上」を目的に、2014年夏号の発刊以降、順調に発展してきています。

 「千葉あそび」の「体験における魅力の質のさらなる向上」や、「市外からの体験申込者数の増加」、「体験後のリピーター発掘に向けた参加者募集情報の発信の場の創出」のため、株式会社ガイアックスが運営する体験型観光情報提供サイト「TABICA」と連携し、「TABICA」会員相互の情報共有の仕組みを活用した情報発信や、受入ホスト開拓等の協力について、検討を進めていきます。

 お問い合わせ:観光プロモーション課 ℡043-245-5066

 


このページの情報発信元

総合政策局総合政策部国家戦略特区推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5346 

ファックス:043-245-5551

tokku.POC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)