ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > 施策・計画 > 国家戦略特区 > 千葉市の特区プロジェクト_ドローンによる宅配サービス・セキュリティ

ここから本文です。

更新日:2018年6月6日

ドローンによる宅配サービス・セキュリティ

千葉市が掲げる構想

水平的取組

  • 幕張新都心に近接する東京湾臨海部の物流倉庫から、ドローンにより海上(約10km)や花見川(1級河川)の上空を飛行し新都心内の集積所まで運ぶ構想
  • ドローン開発の第一人者である野波健蔵氏(千葉大学名誉教授)と連携

ドローン宅配(水平的取組)

垂直的取組

  • 幕張新都心若葉住宅地区内において、ドローンによる超高層マンション各戸への生活必需品などの宅配や、侵入者等に対するセキュリティサービスの実施を行う構想
    (若葉住宅地区については、ICT基盤の活用による他都市にない先進的なまちづくりの実現を目指しており、実証実験で得られた知見を設計段階から取り入れていく)

ドローン宅配(垂直的取組)

処方箋医薬品や要指導医薬品のドローンによる宅配

  • 幕張新都心内において遠隔での診療及び服薬指導を行い、地区内の薬局からドローンによる処方箋医薬品や要指導医薬品の配達を行う構想

ドローン宅配(遠隔診療・遠隔服薬指導)

現在の検討進捗状況

千葉市ドローン宅配等分科会

市部における小型無人機(ドローン)の近未来技術実証のための制度整備に資する新たな制度改革・規制改革について重点的・集中的に検討する「千葉市ドローン宅配等分科会」が東京圏国家戦略特別区域会議の下に設置されました。
千葉市ドローン宅配等分科会イメージ2千葉市ドローン宅配等分科会(デモ飛行)2

分科会の実施状況

葉市ドローン宅配等分科会(内閣府ホームページへリンク)(外部サイトへリンク)

技術検討会

証実験の具体的プロジェクトを実施するとともに、実証実験に係る技術的課題を抽出し分科会に報告することを目的として、「千葉市ドローン宅配等分科会」の下に、民間事業者を中心とした「技術検討会」が設置されました。
千葉市ドローン宅配等分科会 技術検討会風景ドローン技術検討会実証実験風景

技術検討会の構成員(民間事業者)

ドローン技術検討会民間構成員

Amazon.com,Inc、イオン株式会社、イオンリテール株式会社、株式会社ウェザーニューズ、SGシステム株式会社、株式会社NTTドコモ、佐川急便株式会社、株式会社自律制御システム研究所、セコム株式会社、有限会社タイプエス、デンタルサポート株式会社、DSデンタルスタジオ株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、日本電気株式会社、三井物産株式会社、ヤマトロジスティクス株式会社、楽天株式会社、株式会社プロロジス(オブザーバー)、三井不動産レジデンシャル株式会社(オブザーバー)
※計19社。五十音順。

 

技術検討会の実施状況

葉市ドローン宅配等分科会術検討会(内閣府ホームページへリンク)(外部サイトへリンク)

  • 第1回技術検討会(平成28年6月28日)
  • 第2回技術検討会(平成28年7月27日)
  • 第3回技術検討会(平成28年8月30日)
  • 第4回技術検討会(平成28年10月13日)
  • 第5回技術検討会(平成29年2月2日)
  • 第6回技術検討会(平成29年4月24日)
  • 第7回技術検討会(平成29年7月31日)
  • 第8回技術検討会(平成30年6月1日) 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

総合政策局総合政策部国家戦略特区推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5346

ファックス:043-245-5551

tokku.POC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)