ホーム > くらし・地域・手続 > 安全・安心のまちづくり > 防災 > 防災関連情報 > 東日本大震災復興イベント『東日本大震災から1年 3.11を忘れない! “復興と防災”』を開催しました

ここから本文です。

更新日:2015年3月18日

東日本大震災復興イベント『東日本大震災から1年 3.11を忘れない! “復興と防災”』を開催しました

平成24年3月11日(日曜日)に、千葉市では、東日本大震災から1年を振り返り、大震災の教訓を風化させることなく、市民の防災意識を高揚し、切迫性が指摘されている首都直下地震に備え、更なる地域防災力の向上を図るとともに、被災地復興のための支援を行うため、震災復興イベントを開催しました。

【千葉市文化センター会場】シンポジウム:講演「震災とコミュニティ」&パネルディスカッション

午前10時から「震災とコミュニティ」をテーマに開催したシンポジウムでは、前半に講師として、岩手県大槌町で自らも被災しながら、被災者支援や地域住民交流に取り組まれている「まごころ広場うすざわ館長」の臼澤良一氏を招き、震災から学んだ体験談や震災に対するコミュニティのあり方について、ご講演いただきました。

後半は、臼澤氏のほか、美浜区町内自治会連絡協議会会長の鳥越將功氏、淑徳大学サービスラーニングセンター長の石川紀文氏、市の伊藤智重子主任保健師の4人をパネリストに迎え、それぞれの震災・被災地支援の体験とそこから見えてきた課題や、コミュニティの再生への方策について、熊谷市長のコーディネートによるパネルディスカッションを行いました。

 

[映像(Youtube)](第1部)臼澤氏の講演(外部サイトへリンク)(第2部)パネルディスカッション(外部サイトへリンク)

中央公園会場

午前10時から午後3時まで、市内被害の状況や復旧活動を振り返るパネル展示、日本赤十字社千葉県支部などの参加17機関による防災普及啓発、遠野まごころネットや学生ボランティアによる被災地の物産販売などを行いました。

また、2時30分から、震災で亡くなられた方々の慰霊のための追悼セレモニーを行い、地震発生時刻の2時46分には、来場者約1,000人とともに黙とうを捧げました。

参加機関

 

機関名(順不同)

内容

1

日本赤十字社千葉県支部 救護活動等のパネル展示

2

千葉市赤十字奉仕団 甘酒のサービス、募金活動

3

東日本電信電話(株)千葉支店 171操作説明・利用体験、パネル展示

4

(株)NTTドコモ千葉支店 災害復旧への取り組みや災害パネルの展示、パンフレット配布

5

東京ガス(株)千葉支店 マイコンメーターの展示・復帰体験、パネル展示、各種警報器の展示、パンフレット配布

6

千葉ガス(株)

7

大多喜ガス(株)

8

(株)ウェザーニューズ 減災プロジェクトの啓発

9

協同組合千葉電設協会 自転車人力発電、LED他グッズ展示等

10

災害救援ボランティア推進委員会
千葉市SLネットワーク
防災相談、防災グッズ展示、キッズコーナー(防災に関する紙芝居、ぬりえ、カードゲーム等)

11

NPO法人遠野まごころネット 被災地応援グッズ販売

12

千葉大学 液状化の写真パネル・メカニズム紹介

13

淑徳大学 物産販売、被災地のパネル展示

14

(財)千葉市国際交流協会 震災時の活動紹介、災害時語学ボランティア募集、訓練パネル展示

15

(社福)千葉市社会福祉協議会 ボランティア紹介及び登録受付

16

(公財)千葉市防災普及公社 防災普及車による地震体験(12時00分~14時30分)、映像・パネル展示

17

千葉市消防局消防音楽隊 コンサート(14時00分~14時30分)

 

 

 

 

物産販売の売上の収益54,588円は、日本赤十字社を通じて被災地に寄附させていただきました。

チラシ(PDF:406KB)ポスター(PDF:947KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

総務局 防災対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所3階

電話:043-245-5113

bosaitaisaku.GE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)