• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年7月3日

平成29年度千葉市シェイクアウト訓練~千葉市いっせい防災訓練~を実施します!

日時 平成29年9月1日(金) 午前9時30分

方法 ①防災行政無線(広報無線)、ちばし安全・安心メールにより訓練地震情報を一斉放送・配信します。

   ②地震から身を守る「安全行動の1-2-3」を約1分間行ってください。

※千葉市シェイクアウト訓練は、いっせい参加が基本ですが、各自のご都合に合わせて防災週間(8月30日~9月5日)の期間内に実施日時を変更することが可能です。ただし、訓練地震情報の放送・配信は9月1日午前9時30分のみですので、訓練は各自で開始してください。

千葉市シェイクアウト訓練チラシ(PDF:637KB)

千葉市シェイクアウト訓練への参加表明

訓練参加者数の把握や訓練結果の検証を行うため、参加表明の登録をお願いします。

※以下の「参加します!」のボタンをクリックすると、参加表明登録画面に移動します。

           参加します!(外部サイトへリンク) 

平成29年度千葉市シェイクアウト訓練への参加表明団体(敬称略・順不同)

【学校関係(市立学校を除く)】

敬愛大学

 【幼稚園・保育所】

 にじのいろ保育園、曉幼稚園、学校法人大森学園 登戸幼稚園、学校法人杉森学園 めぐみ幼稚園、千葉わくわく園

【民間企業・団体】

大和ライフネクスト(㈱) マンション事業部東関東支社千葉第三支店、ミドリ安全(株)、千葉市造園緑化協同組合、(公財)千葉市保健医療事業団、大和設備工業(株)、新井工業(株)、(一社)千葉市身体障害者連合会、(株)共同テクノ、大多喜ガス(株)、(公財)千葉市防災普及公社

【町内自治会・自主防災組織】

弁天町会

【千葉市】

千葉市役所/市立小・中学校

千葉市シェイクアウト訓練とは

シェイクアウト訓練は2008年にアメリカで始まった新しいかたちの地震防災訓練です。
訓練方法はいたってシンプルで、指定された日時に、地震から身を守るための3つの安全行動(下図参照)を約1分間行っていただくのが基本で、個人・家庭・地域・職場・学校・外出先などで手軽に実施可能です。 

安全行動1-2-3      

                           提供:効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議 

平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、東北地方をはじめ、千葉市でも大きな被害が発生しました。
災害時に隣近所で助け合う「共助」は非常に大事です。しかしながら、大きな地震の揺れの直後に、まず行うのは自分の身を守るための「自助」であり、自身の安全を確保したうえで、はじめて「共助」を行うことが可能となります。
市では、「自助」の意識高揚のために「効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議」の協力のもと、本訓練を実施します。

 シェイクアウトH29.9.1

訓練実施計画

実施日時

平成29年9月1日(金曜日)午前9時30分から

千葉市シェイクアウト防災訓練は、いっせい参加が基本ですが、各自のご都合に合わせて防災週間(8月30日~9月5日)の期間内に実施日時を変更することが可能です。

ただし、訓練地震情報の放送・配信は9月1日午前9時30分のみですので、それ以外の日時での実施については、各自で訓練を開始してください。

訓練方法

当日午前9時30分に千葉市全域に「防災行政無線」、「ちばし安全・安心メール(外部サイトへリンク)」で「訓練地震情報」を放送・配信しますので、家庭や職場、外出先など、それぞれの場所で地震から身を守るための、上記の3つの安全行動(ドロップ→カバー→ホールド・オン)を約1分間行ってください。
その後に避難所までの経路を確認する「避難訓練」や災害用伝言サービスを利用した「安否確認訓練」など、プラスワン(+1)訓練(下記)を実施することで、より高い防災効果が得られます。
また、あわせて建物の点検や家具類の固定状況や備蓄品の確認などを行い、防災対策の再点検も行いましょう。

  • 「訓練地震情報」の放送・配信については、電波の状況等により、午前9時30分ちょうどに発信されない(少し遅れる)ことがありますので、各参加者の状況に応じて適宜訓練を開始してください。

  • 防災行政無線では、サイレン及び音声による放送を行います。

訓練前にこちらを確認しておきましょう。

【参考】プラスワン(+1)訓練

より実践的な訓練にするために、3つの安全行動(ドロップ→カバー→ホールド・オン)と併せて行う訓練を参考として紹介します。

  • 避難訓練
    避難所まで歩いてみる」「避難経路の危険箇所の確認」

       「土砂災害のおそれがある箇所を確認し、避難場所まで歩いてみる」

  • 安否情報連絡訓練
    災害用伝言サービスの利用」
  • 安否確認訓練
    「災害時地域支えあい事業(無事ですタオルや支えあいカードの利用)」
  • 備蓄品などの確認
    「非常用持ち出し袋や非常食などをチェック」
  • 情報伝達訓練
    「災害時の伝達手段の再確認」
  • 図上(シミュレーション)訓練
    「緊急時の意思決定の確認」
  • 非常階段・扉の確認
    「物を置いていないか確認」
  • 防災会議
    「家族で災害時の役割分担やおちあう場所を決める」
  • わが家の再点検
    「家や家の周りの確認」「家具類の転倒防止の確認」 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

総務局 防災対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所3階

電話:043-245-5113

bosaitaisaku.GE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)