• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年3月30日

地震ハザードマップに関するよくあるお問い合わせ

地震ハザードマップに関するよくあるお問い合わせと回答を掲載しています。

NO. 質問内容
1 家庭で、地震ハザードマップをどのように活用すればよいのか。
2 地域で、地震ハザードマップをどのように活用すればよいのか。
3 地域の被害予測について、詳しく知りたい。
4 隣り合ったメッシュで、危険度が異なるのはなぜか。
5 我が家は、耐震化しているのに、建物被害率が高く表示されているのはなぜか。
6 居住している地域が建物被害率が高いとされたが、不動産価値は下がらないか。
7

地震ハザードマップはどこで配布しているか。

 

Q1.家庭で、地震ハザードマップをどのように活用すればよいのか。

A1.地域の危険度を把握するとともに、最寄りの避難場所・避難所を確認しておきましょう。安全に移動できない場合もありますので、複数の避難場所・避難所、避難経路を考えておきましょう。
また、住宅の耐震診断・耐震改修や家具などの転倒防止など、地震への対策をしましょう。

Q2.地域で、地震ハザードマップをどのように活用すればよいのか。

A2.町内自治会や自主防災組織で、地域の危険度を確認し、防災訓練や防災資機材の準備など、大地震への備えを進めましょう。
また、地震発生後の避難所開設や初期消火対策について、地域の皆さんで話し合いましょう。

Q3.地域の被害予測について、詳しく知りたい。

A3.地震被害想定調査報告書に、町丁目別の建物被害、人的被害及び避難者数を掲載しています。

Q4.隣り合ったメッシュで、危険度が異なるのはなぜか。

A4.今回の地震被害想定調査では、50×50mメッシュ単位で、地盤モデル(震源から地表までの構造をモデル化したもの)を作成し、地震の伝わり方や液状化危険度、建物被害について予測しました。
隣接したメッシュであっても、地盤や建物の状況により、危険度は異なることがあります。
なお、建物被害率の高い地域は、「地震動(震度・最大速度)が大きい」「昭和55年以前の木造建物が多い」といった特徴があります。

Q5.我が家は、耐震化しているのに、建物被害率が高く表示されているのはなぜか。

A5.今回の建物被害予測は、同じ町丁目のメッシュでは、建物の構造・建築年代・階層は同じ割合で分布するものと仮定して行っており、個々の地点に対する被害予測となっているわけではありません。
ハザードマップは、地域全体の傾向を把握するために活用してください。

Q6.居住している地域が建物被害率が高いとされたが、不動産価値は下がらないか。

A6.地震ハザードマップで示した建物被害率は、地域としての傾向を示したものであり、個々の不動産の危険性を示したものではないので、個々の不動産価値に影響を与えるものではありません。

Q7.地震ハザードマップはどこで配布しているか。

A7.危機管理課(市役所3階)、各区役所、各図書館、各コミュニティセンター、各公民館の窓口で配布しておりますので、ご利用ください。

このページの情報発信元

総務局 危機管理課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所3階

電話:043-245-5151

kikikanri.GE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)