• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2014年8月29日

市域内での土砂災害防止にかかる取組

市域内での土砂災害防止にかかる取組について[2014年8月29日]

副市長の鈴木です。
今年の夏は例年にもまして、豪雨による土砂災害や浸水被害などが、全国各地で発生しています。
広島市では、現在も土砂災害によって行方不明になっている方の懸命な捜索活動が行われています。
被災された地域で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災者の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

今回は、市域内の土砂災害防止にかかる取組状況について、ご報告します。
現在、土砂災害防止にかかる取組は、2つの法律に基づいて、県と市で連携して進めています。
その内容ですが、
1.昭和44年7月1日施行の「急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律」に基づく取組み
市内の自然崖の崩壊・崩落から市民の生命・財産を守るため、当該法律に基づき崩壊防止工事を、県事業及び市事業として行っています。
対象となる急傾斜地:傾斜角度30度以上、崖の高さ5m以上
そのうち県事業対象:崖の高さ10m以上、保全すべき家屋5戸以上
市事業対象: 〃 5m以上10m未満、 〃
現在、事業対象箇所107か所のうち整備済み 37か所
整備中 5か所
未実施箇所 65か所
となっています。
※個別の箇所等については、建設局下水道建設部都市河川課に、まずお問い合わせください。TEL245-5437

2.平成13年4月1日施行の「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」に基づく取組み
上記1.の急傾斜地崩壊対策事業は、多額の経費を必要とすること、受益者負担があることなどにより、なかなか早期の対応ができないことから、当該法律に基づき、土砂災害のおそれのある区域を指定し、危険の周知、警戒避難体制の整備、住宅等の新規立地の抑制、既存宅地の移転促進等のソフト対策を推進しています。
区域の指定は、千葉県知事が行うこととなっており、指定の内容には、以下の2つがあります。
(1)土砂災害警戒区域(イエローゾーン)
土砂災害のおそれのある区域で、情報伝達、警戒避難体制等を整備する。
(2)土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)
土砂災害警戒区域の中で、特に、建物が破壊され、住民に大きな被害が生じるおそれがある区域で、警戒避難体制の整備に加え、住宅等の新規立地の抑制(建築物の構造規制、特定開発行為に対する許可制等)、既存宅地の移転促進等を進める。

千葉市における指定状況ですが、
土砂災害危険箇所は、地形図を基に調査抽出した結果、市内で292か所が確認されました。
292か所のうちの119か所と、新たに調査し、土砂災害のおそれがあると判断された2か所を加えた、合計121か所を土砂災害警戒区域に指定しています。(うち、土砂災害特別警戒区域は111か所)
未指定箇所は、173か所となっています。

指定済み箇所の詳細については、市役所総務局危機管理課のホームページの「土砂災害ハザードマップ」でご確認ください。
また、未指定箇所については、千葉県県土整備部河川環境課のホームページ「土砂災害危険箇所一覧(外部サイトへリンク)」で確認できます。

この土砂災害警戒区域等の指定作業は、千葉県が行っておりますが、指定するためには、区域にお住いの皆様のご理解が必要です。また、指定までの手続きには、一定の期間も要します。
先ほど記述しましたように、本市においても、土砂災害危険箇所で警戒区域の未指定箇所が170か所以上存在している現状です。
報道などでは、警戒区域に指定されると地価が下がることを懸念されている方のインタビューなどがありましたが、危険は身近なものとお考えいただき、まずは地域の皆様で問題意識を持っていただくことが、大切であると考えております。
本市としましても、千葉県と連携を取って、市民の皆様の安全・安心な生活を守るために、引き続き取り組んでまいります。

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)