• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年1月6日

新年を迎えて

新年を迎えて[2016年1月6日]

新年あけましておめでとうございます。副市長の鈴木です。

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は、本市にとりまして、これまでにないほど様々なそして本市の今後にも大きく関わる事柄が起きました。市政10大ニュースにおいても、私の所管する案件も多く取り上げられたところです。

今年は、それらの項目のうち早速具体的に取り組むものや、それ以外でも、これまで準備を進めてきたものを形にしていくべき、大切な年になるものと考えております。

ここでは、そのいくつかについて現在の状況をご報告したいと思います。

まず、昨年の市政10大ニュースで1位となった「東京オリンピック・パラリンピック」についてです。

庁内横断組織である「プロジェクト推進本部」において、昨年9月に、オリンピック競技「レスリング」「フェンシング」「テコンドー」の3競技の幕張メッセ開催を受けて、「競技会場都市としての取組指針」を決定しました。詳しくはプロジェクト推進本部のホムページをご覧ください。

その後、昨年11月に開催された国際パラリンピック委員会(IPC)の理事会において、パラリンピック競技「車いすフェンシング」「テコンドー」「ゴールボール」「シッティングバレーボール」の4競技も幕張メッセで開催されることになったことから、あらためてパラリンピック競技も含めた競技会場都市としての今後の取組みについて、来年度以降の業務想定を念頭に、まずは組織体制や新年度予算について対応を検討中であり、早期にその内容をお示しいていく必要があると考えています。

次に10大ニュースの3位となった国家戦略特区についてです。

昨年12月15日に、幕張新都心を中核とした「近未来技術実証・多文化都市」として、本市を追加指定することが決定されました。詳細については、幕張新心室のホーージをご覧ください。

報道で大きく取り上げられたドローンによる宅配のほか、モビリティの導入や民泊、外国人創業人材の在留資格の基準緩和、地域限定保育士試験の実施などを提案しておりまして、今後、区域計画を策定する中で具体的な実証実験等の内容を定め、国の認定を受けた後に、実施していくこととなります。

特に、近未来技術としてのドローンやモビリティについては、民間事業者の参画を得て進めることとなっており、現在、ドローンとモビリティのそれぞれについて、プロジェクトチームを立ち上げ実証実験の内容の検討に入るところです。

まずは区域計画の策定とその認定に向けてしっかりと取り組んでまいりますので、その動向に注視していただければと思います。

最後に、10大ニュースとは別の話題になりますが、今年は千葉開府890年となります。

本市では、都市アイデンティティの確立に向けて、「千葉氏」「加曽利貝塚」「オオガハス」「海辺」など、本市の歴史やルーツに根差した地域資源を活用した取り組みを進めており、そのような中で、千葉開府890年を迎えるこの1年を通して、千葉氏関連の様々なPR・記念イベントを展開していくこととしています。詳細は、1月5日の例記をご覧ください。

中でも、8月21日の親子三代夏祭りの同日には、全国の千葉氏ゆかりの自治体をお招きして「千葉氏サミット」を開催するとともに、各自治体の物産品の展示・販売などを予定していますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。

今回は、3件のみのご紹介ですが、また適宜ご紹介をしていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)