• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2012年4月3日

千葉市の港湾と海岸(「千葉みなとの旅客船桟橋」と「いなげの浜」)

千葉市の港湾と海岸(「千葉みなとの旅客船桟橋」と「いなげの浜」)[2012年4月3日]

千葉市は、海に面し、港湾があり海岸もあります。市民の皆様は、事実として認識されているでしょうが、どこまで生活の中で実感されているでしょうか。

千葉市域内も含む千葉港は、県が管理しています。千葉港は、市川市から袖ヶ浦市まで、千葉市も含め6市にまたがり、海岸線延長約133kmに及ぶ日本一広い港です。取扱貨物量は、名古屋港に次いで全国2位(平成21年度)となっており、その94%が企業専用岸壁で取り扱われています。工業港として発展した経緯から企業専用施設が多いためですが、コンテナターミナル等の公共ふ頭も整備されています。
また、千葉ポートパークや千葉ポートタワーが、港湾の施設として整備されました。幕張の浜、検見川の浜、いなげの浜の人工海浜も、千葉港の海岸として整備されました。
詳細は、千葉県HPの千葉港(こちら(外部サイトへリンク)及び千葉港海岸(こちら(外部サイトへリンク))をご覧ください。

港湾は千葉市が管理すべきと言う御意見をいただくことがありますが、現在、市は、千葉みなとの旅客船桟橋の整備について、県との連携を進めています。整備には国の交付金が使われていますが、自治体負担分は、市が8割を、県が2割を出しています。先日、市長が森田知事に早期整備の要望をしたところであり、平成27年度に供用される予定ですが、実際の管理を市が行うことで県と調整を進めています。
なお、いなげの浜は、昭和51年に完成して以来、市が県から占用許可を受け管理しており、海水浴場として多くの市民の方に利用して頂いております。また、千葉ポートタワーは、昭和61年に完成して以来、市が県から無償貸与を受け管理しています。

ところで、港湾の管理について、他の政令市ではどうなっているかと言うと、横浜、川崎、大阪、神戸、博多、北九州の6港が、市の管理となっています。また、名古屋港は、県と市の共同組合が管理しています。仙台塩釜、新潟、清水、堺泉北、広島、岡山の6港は、千葉港と同様に県が管理しています。
横浜、川崎等の政令市が管理している港湾は、全て、昭和25年の港湾法制定後に国管理から市管理になりました。政令市は昭和31年から指定されていますが、これら6港は政令市移行前から市が管理しています。政令市移行に伴い港湾の管理が県から市に変わった事例は、ありません。

千葉市は、まず、千葉みなとの旅客船桟橋の管理を通じて、賑わいづくりに主体的に取組む考えです。千葉港の全体について市がどう係わっていくかは今後の課題で、検討の上で県と調整してまいりますが、港湾は、貨物輸送、旅客輸送及び観光・レクリエーション等の多様な機能を担っています。
このため、千葉港が、市の賑わいづくりに資するようにすることは当然としても、貨物用の岸壁、物揚場、企業岸壁等の工業港の性格が強いことも踏まえ、港全体としての活力を維持することにも留意しつつ、市の係わり方を検討する必要があります。

→前回の徳永副市長メッセージはこちら

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)