• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2014年3月26日

千葉市の液状化対策・その5(「委員会のまとめ」と「費用負担」)

千葉市の液状化対策・その5(「委員会のまとめ」と「費用負担」)[2014年3月26日]

3月26日、「第5回千葉市液状化対策推進委員会」を開催しました。
平成25年12月の第4回委員会で委員から頂いた意見に対応して、モデル地区(磯辺4丁目)での地下水位低下工法の実証実験の経過を説明するとともに、検討地区(磯辺8丁目、真砂5丁目)の調査・検討の状況を説明しました。これら内容を審議の上、以下のとおり「まとめ」を頂きました

1. モデル地区(磯辺4丁目)の液状化対策工法は、地下水位低下工法が望ましい。

2. 検討地区について

  1. 検討地区(磯辺8丁目)では、格子状地中壁工法の検討を行うとともに、地下水位低下工法の可能性を探る。
    • 本地区においては、地下水位低下工法の際に、遮水層となる粘性土の層厚にばらつきがみられ、遮水性や圧密沈下量が課題となる可能性がある。
    • 事業費や効果を勘案し、モデル地区で実施している実証実験で得た観測値等を踏まえ、地下水位低下工法の可能性を探る。
  2. 検討地区(真砂5丁目)では、格子状地中壁工法の検討を行うとともに、地下水位低下工法の可能性を探る。
    • 地下水位低下工法の際に遮水層の粘性土が連続していないことから、鉛直方向の透水係数を確認するなど更なる調査を必要とする。

※そのほかの地区においては、これまでに蓄積された観測データ等を基に、液状化対策工法の検討をするとともに、地元説明を実施し、液状化対策を進める。

3. 地下水位の季節変動等を確認するため、地下水位低下工法の実証実験を引き続き実施する。(平成26年9月まで)

地元の方々には、3月16日の磯辺63自治会臨時総会で説明させて頂き、3月21日に美浜区全体を対象に磯辺小学校において説明会を開催して参りました。今後、第5回委員会の結果を、液状化対策の実施に関心を持たれる地域の方々に説明して参ります。

地元の合意形成に向けての一番の課題は、費用負担です。
地下水位低下工法については、工事は全て道路下で、国の復興交付金により実施することができ、地元負担は毎年の維持管理や設備更新の費用となります。磯辺4丁目のモデル地区では、30年分で約30万円/戸と想定しております。
一方、格子状地中壁工法については、工事費のうち、道路内分は国の復興交付金の対象となり、宅地内分の1/2が国の復興交付金の対象と認められました。市の独自補助は国の復興交付金対象外の工事費の1/2かつ200万円/戸限度としており、さらにその残りが地元負担となります。磯辺4丁目のモデル地区の地盤状況では、宅地内工事費が約800万円/戸で、国と市の支援を活用すると地元負担が約200万円/戸と見込まれます。ただし、必要な改良長さが深さ方向に、モデル地区では約11mとの見込みに対して、検討地区の磯辺8丁目や真砂5丁目の現時点では約4~7mと想定されており、地元負担を確定するには詳細な地盤調査が必要です。

東日本大震災から3年を経過しました。国の復興交付金は、平成27年度までとなっております。この期間を延伸することを検討していると新聞報道されていますが、住民に安全に安心して住んでいただけるよう、できるだけ早期に液状化対策を実施できるよう取り組んで参ります。

<過去の関連メッセージ>
千葉市の液状化対策・その4(「地下水位低下工法」と「格子状地中壁工法」はこちら
千葉市の液状化対策・その3(「第3回千葉市液状化対策推進委員会」)はこちら
千葉市の液状化対策・その2(「地盤調査」と「工法比較」)はこちら
千葉市の液状化対策(「千葉市液状化対策推進委員会」)はこちら

前回の徳永副市長メッセージはこちら

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)