ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

千葉市空家等活用・除却提案モデル事業

「地域」と「空家・跡地の活用」を結び付ける提案を募集します!

地域貢献や地域の課題解決(地域交流の活性化や地域コミュニティの再生など)に必要な活動に取組む際の拠点として、市内の空家や空家除却後の跡地を活用する新しい方法の提案を募集します。優れた提案に対しては、実現するために必要な費用の一部を助成しますので、是非ご応募ください。

1.募集する提案

空家等の活用提案モデル

地域交流の活性化、地域コミュニティの再生等、地域の課題解決・地域貢献に関する活動の拠点として空家を活用する提案

空家等の除却提案モデル

地域交流の活性化、地域コミュニティの再生等、地域の課題解決・地域貢献に空家を解体した跡地を活用する提案

2.支援の概要

(支援1)ワークショップによる計画実現に向けた計画作成支援

提案の具体化に向け、より詳細な計画を作成するためのワークショップを各分野の専門家を講師に招き、実施します。

(支援2)アドバイザー派遣による支援

改修計画や契約、工事内容に関することなど、提案内容を具体化する際に生じる課題を解決していくため、専門家によるアドバイスを受けることができます。

(支援3)空家の整備(もしくは空家の除却)に必要な費用の一部助成

空家等の活用提案モデル

  • 建物状況調査(インスペクション)を行う費用
  • 提案を実施するため、空家を改修する費用(耐震診断や耐震改修工事が必要な場合は、その費用も含みます。)

空家等の除却提案モデル

  • 提案を実施するため、空家を除却する費用

3.募集の要件(概要)

(要件1)拠点としての活用期間

10年以上の継続的な活用が条件となります。

(要件2)提案できる物件の要件

空家等の活用提案モデル

  • 市内にある1年以上、現に人が居住せず、若しくは使用していない一戸建ての住宅又は兼用住宅(応募時点)
  • 建築基準法その他関係法令に照らし、適当と認められる(所要の耐震性能を確保されていない木造住宅については、採用後、所要の耐震性能を確保するよう改修)
  • モデル事業で助成する工事について、他から補助金を受けていない
  • 物件を所有する方(所有者等)が、暴力団員等などに該当せず、千葉市税の滞納がない

など

空家等の除却モデル

  • 市内にある1年以上、現に人が居住せず、若しくは使用していない一戸建ての住宅又は兼用住宅(応募時点)
  • モデル事業で助成する工事について、他から補助金を受けていない
  • 物件を所有する方(所有者等)が、暴力団員等などに該当せず、千葉市税の滞納がない

など

※物件は、応募者自身でご用意していただく必要があります。物件探しは、市で行っている「千葉市空家等情報提供制度(すまいのリユースネット)」も利用することができますので、そちらもご活用ください。

【すまいのリユースネットHP】http://www.cjkk.or.jp/28reuse/index.html

(要件3)応募できる団体等(概要)

a.地域の自治組織

  • 団体の代表者や役員などが、暴力団員等などに該当せず、千葉市税の滞納をしていない
  • 開始後、10年間以上、継続して事業を実施する意思があり、政治的又は宗教的活動を目的としていない

    など

b.特定非営利活動法人や市民活動団体、個人や団体等

  • 地域の自治組織から協力を得られる見込みがある
  • 団体の代表者や役員などが、暴力団員等などに該当せず、千葉市税の滞納をしていない
  • 開始後、10年間以上、継続して事業を実施する意思があり、政治的又は宗教的活動を目的としていない

など

4.募集件数

  • 空家等の活用提案モデル:3件
  • 空家等の除却提案モデル:1件

※予算の範囲内で採択するため、件数は目安であり、審査の結果、該当なしとなる場合があります。

5.募集スケジュール

事前相談:5月13日(月曜日)~

提案募集:6月3日(月曜日)~7月12日(金曜日)

一次審査:7月下旬(書類審査)

二次審査:8月中旬(一次審査通過者を対象としたプレゼンテーション審査)

6.事前相談(事前予約制)

提案に活用する空家の用意や地域へのアプローチなど、応募するために様々な準備が必要となるため、事前相談を受付けます。

(1)受付期間

5月13日(月曜日)~(土・日・祝は除く。)
9時~17時(12時から13時は除く。)

(2)相談場所

住宅政策課(千葉市中央区千葉港2番1号千葉中央コミュニティセンター3階)

(3)予約方法

下記のお問い合わせ先に電話、FAX、E-mailで希望日時と相談内容をお伝えください。

(4)その他

すまいのリユースネットに登録されている物件以外を活用される場合は要件に適合しているか、この事前相談で現地調査し確認します。

7.募集要項、申請書類等

(1)募集要項

(2)申請に必要な書類

応募申請書(様式第1号)

【Word】(ワード:23KB) 【PDF】(PDF:82KB)

応募者概要書(様式第2号)

【Word】(ワード:37KB) 【PDF】(PDF:134KB)

応募物件概要書(様式第3号)

【Word】(ワード:34KB) 【PDF】(PDF:122KB)

同意書(様式第4号)

【Word】(ワード:23KB) 【PDF】(PDF:88KB)

誓約書(様式第5号)

【Word】(ワード:23KB) 【PDF】(PDF:88KB)

企画提案書(様式第6号)

【Word】(ワード:40KB) 【PDF】(PDF:138KB)

収支計画書(様式第7号)

【Word】(ワード:40KB)

【PDF】(PDF:110KB)

応募物件の整備期間が確認できる書類(参考様式)

【Word】(ワード:30KB) 【PDF】(PDF:110KB)

(3)その他添付書類

現況図面、整備図面等(任意書式)

配置図、平面図、立面図などで空家の現況と整備内容がわかるもの(除却提案の場合は、除却後の整備内容を記載すること)

応募物件の写真(任意書式)

空家の全体、内外部、周囲の状況など現在の状況がわかるもの

応募物件の整備に係る費用の内訳書(任意書式)

空家の整備に係る費用の内訳書及び見積書

市税を滞納していないことを証明する書類

物件所有者、提供者共に提出

応募物件の所有者等が確認できる書類

登記事項証明書(全部)又は名寄帳の写しなど

応募物件が空家等に該当していることを確認できる書類

空家が居住その他の使用がなされていないことが状態であることが確認できる書類(概ね1年以上使用されていない状況を示すもの)

8.応募受付

(1)受付期間

6月3日(月曜日)~7月12日(金曜日)(土・日・祝は除く。)
9時~17時(12時から13時は除く。)

(2)提出の方法

    • 提出する応募書類は12部ご用意ください。
    • 応募書類を一式そろえた上で、期間内に住宅政策課までご持参又は郵送でご提出ください。(郵送での場合、7月12日(金曜日)必着)。
    • FAX、E-mailによる応募は受付けません。郵送で提出される方につきましては、必ずその旨ご連絡ください。連絡がない場合は受理できないこともあります。

(3)提出先

9.地域貢献や地域の課題解決へ空家等・跡地を活用されている一例(参考)

空家等や跡地を地域貢献や地域の課題解決へ活用している事例を掲載します。(事例の内容で提案しても審査で必ずしも採択されるものではありません。)

空家等の活用例

地域の子どもたちの見守り子育ての場、芸術創作等の地域活動としての拠点、地域の高齢者サポートの拠点、地域の交流の場など

跡地の活用

コミュニティー農園、ポケットパーク、地域の野外活動用広場(公園)など

10.その他

  • 申請書類の作成及び提出に要する費用は、応募者側の負担となります。
  • 申請書類に虚偽の記載をした場合や募集要綱に示された要件に適合しない場合は、無効となります。
  • 審査を行いますので、応募された提案が必ず採択されるものではありません。

お問い合わせ先

都市局建築部住宅政策課
〒260-0026
千葉市中央区千葉港2番1号千葉中央コミュニティセンター3階
電話:043-245-5810
FAX:043-245-7517
メール:jutakuseisaku.URC@city.chiba.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

都市局建築部住宅政策課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター3階

電話:043-245-5810

ファックス:043-245-5795

jutakuseisaku.URC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)