• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年10月31日

被災した住宅の応急修理

・令和元年台風第15号及び第19号により被害を受けた住宅に対して、災害救助法に基づき、自己が居住する住宅で日常生活に必要不可欠な最小限度の部分を市が応急的に修理する制度です。

 

【制度のご案内】

1.り災証明により住宅が半壊又は大規模半壊の判定を受けた方へ(PDF:1,160KB)

2.り災証明により住宅が一部破損の判定を受けた方へ(PDF:789KB)

対象区域

千葉市 中央区、花見川区、稲毛区、若葉区、緑区(美浜区は対象区域外)

対象者等

対象者

1.り災証明により住宅が半壊又は大規模半壊の判定を受けた者(世帯)

2.り災証明により住宅が一部破損(損害割合が10%以上20%未満)の判定を受けた者(世帯)

要件

1.災害のため住家が損壊し、自らの資力で応急修理することができないこと。

2.応急修理を行うことによって、避難の必要がなくなること。

3.賃貸型応急住宅(みなし仮設住宅)を利用しないこと

※全壊の住戸は、修理を行えない程度の被害を受けた住家であるため、住宅の応急修理の対象外とされていますが、全壊の場合でも、応急修理を実施することにより居住が可能である場合は対象となります。

応急修理の範囲

住宅の応急修理の対象範囲は、屋根等の基本部分、ドア等の開口部、上下水道等の配管・配線、トイレ等の衛生設備の日常生活に必要欠くことのできない部分であって、緊急に応急修理を行うことが適当な箇所です。

1.台風の被害と直接関係ある修理のみが対象です。

2.内装に関するものは原則として対象外です。

3.家電製品は対象外です。

支援金額

1.半壊又は大規模半壊の判定を受けた者(世帯)

1世帯あたりの限度額は59万5千円以内です。(原材料費、労務費及び修理事務費等一切の経費を含む)

※上記の支援金額を超える工事費に関しては、被災者の負担となります。
※1戸に2以上の世帯が居住している場合に住宅の応急修理のため支出できる費用の額は、1世帯あたりの額以内となります。
※工事費は千葉市住宅政策課が業者へ直接支払います。

2.一部破損(損害割合が10%以上20%未満)の判定を受けた者(世帯)

1世帯あたりの限度額は30万円以内です。(原材料費、労務費及び修理事務費等一切の経費を含む)

※工事費が150万円を超える場合は、超えた額の20%(最大20万円)を上乗せします。

※上記の支援金額を超える工事費に関しては、被災者の負担となります。
※1戸に2以上の世帯が居住している場合に住宅の応急修理のため支出できる費用の額は、1世帯あたりの額以内となります。
※工事費は1世帯あたり30万円を限度に千葉市住宅政策課が業者へ直接支払いますが、工事費が150万円を超える場合は20万円を限度に被災者へ直接支払います。

 

開始時期

1.半壊又は大規模半壊を受けた方への支援

 令和元年10月23日(水曜日)から

2.一部破損(損害割合が10%以上20%未満)の判定を受けた方への支援

 令和元年10月29日(火曜日)から

受付場所

各区役所 総合受付窓口(美浜区は除く)

平日8時30分~17時30分

申請方法

 1.半壊又は大規模半壊の判定を受けた者(世帯)

「住宅の応急書類申込書(様式第1号)」、「住宅の被害状況に関する申出書(様式第1号添付書類)及び「資力に関する申出書(様式第2号)」に必要事項を記入し、指定する書類を添えて上記受付場所へ直接ご提出ください。
※電話やファクシミリ、メール、郵送での申請は受け付けできませんのでご注意ください。

○指定する書類

1.り災証明書の写し

2. 一部破損(損害割合が10%以上20%未満)の判定を受けた者(世帯)

「住宅の応急修理申込書(一部損壊)兼千葉市被災者住宅補修緊急支援事業補助金交付申請書」(様式第1-1号)、「住宅の被害状況に関する申出書(様式第1-1号添付資料)及び「資力に関する申出書(様式第2-1号)」に必要事項を記入し、指定する書類を添えて上記受付場所へ直接ご提出ください。
※電話やファクシミリ、メール、郵送での申請は受け付けできませんのでご注意ください。

 

○指定する書類

1.り災証明書の写し

2.写真(1.外観全景、2.屋根等の浸水の原因となっている箇所、3.浸水している部屋の全景、4.浸水している部屋の浸水箇所(写真が用意できない場合はご相談ください)

 

○損害割合の判定及び支援制度の決定

今回の申請は「住宅の応急修理」と「千葉市被災者住宅補修緊急支援事業」の2制度を同一の申請書により行い、申請後に写真等で損害割合を判定し、どの制度を適用するか決定するものです。そのため、写真等で判定ができたものから順次、判定結果及び適用制度について郵送等で送付します。

修理業者について

 修理業者はご自身でお選びください。ご自宅を建てたハウスメーカーや工務店でも可能です。

お悩みの場合には下記を参考にしてください。

令和元年台風第15号及び第19号により被災した住宅の補修工事(ブルーシート張り含む)業者のご案内について(外部サイトへリンク)(千葉県HP)

様式

 1.半壊又は大規模半壊の判定を受けた者(世帯)

様式第1号 住宅の応急修理申込書(ワード:24KB)
様式第1号添付資料 住宅の被害状況に関する申出書(ワード:19KB)
様式第2号 資力に係る申出書(ワード:19KB)
様式第3号 修理見積書(エクセル:18KB)
様式第5号 工事完了報告書(ワード:18KB)
参考様式 請求書(ワード:16KB)
参考様式

委任状(ワード:15KB)

 2.一部破損(損害割合が10%以上20%未満)の判定を受けた者(世帯)

様式1-1号 

住宅の応急修理申込書(一部損壊)兼千葉市被災者住宅補修緊急支援事業補助金交付申請書(ワード:23KB)

様式1-1号添付資料 住宅の被害状況に関する申出書(ワード:21KB)

様式2-1号

資力に係る申出書(ワード:17KB) 
様式3-1号 修理見積書(エクセル:18KB) 
様式第5号 工事完了報告書(施工業者用)【住宅の応急修理】(ワード:18KB) 
様式第7号 千葉市被災者住宅補修緊急支援事業補助金実績報告書(工事費が150万円を超える場合)【千葉市被災者住宅補修緊急支援事業】(ワード:16KB)
参考様式 請求書(施工業者用)【住宅の応急修理】(ワード:16KB) 
様式第9号 千葉市被災者住宅補修緊急支援事業費補助金交付請求書(被災者用)【千葉市被災者住宅補修緊急支援事業】(ワード:14KB)

参考様式

委任状(ワード:16KB) 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

都市局建築部住宅政策課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター3階

電話:043-245-5809

ファックス:043-245-5795

jutakuseisaku.URC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)