ここから本文です。

更新日:2017年5月30日

建築物、建築設備等の定期報告

NEW★最新のお知らせ

<平成28年6月1日より定期報告制度が変わりました>

建築基準法の一部を改正する法律(平成26年法律第54号)により、平成28年6月1日から新定期報告制度がスタートしました。改正建築基準法の詳細は、一般財団法人日本建築防災協会(外部サイトへリンク)のホームページを参照してください。

1 定期報告の義務の対象が変わりました!

 改正建築基準法の施行に合わせて千葉市建築基準法施行細則を改正し、定期報告の義務の対象及び報告時期が変わりました。変更内容については下記ページを御参照ください。

 定期報告対象一覧ページへ

 

2 調査・検査の資格制度が変わりました!

建築基準適合判定資格者、旧法における講習修了者は調査・検査を行うことはできません。(ただし、講習修了者は手続を行うことにより、資格者証の交付を受けることができます。手続については一般財団法人日本建築防災協会外部サイトへのリンクのHPを御参照ください。)

区分

建築物の調査

建築設備の検査

防火設備の検査

昇降機・

遊戯施設の検査

1級建築士

2級建築士

特定建築物調査員資格者証の交付を受けている者

×

×

×

建築設備検査員資格者証の交付を受けている者

×

×

×

防火設備検査員資格者証の交付を受けている者

×

×

×

昇降機等検査員資格者証の交付を受けている者

×

×

×

 

<平成27年4月1日より特定天井の調査が必要となります>

・特殊建築物の調査項目に「特定天井」が追加されます。

つきましては、調査結果表の様式が新しくなりますので報告書の提出の際はご注意ください。

・平成27年4月1日施行の概要

平成27年4月より特定天井の調査が必要となります(ワード:17KB)

・調査結果表の様式は以下よりダウンロードし、ご活用ください。

様式のダウンロード

・特定天井の調査方法の詳細

【国住指第3740号】特定天井の定期調査について(技術的助言)(PDF:107KB)

千葉市内にある建築物等の報告について

1 定期報告の対象及び報告期間

2 提出書類 

a 「建築物の調査」に対する報告をする場合

・定期調査報告書(第36号の2様式)

・その他必要な書類(調査結果表調査結果図、関係写真、配置図、平面図等)

・定期調査報告概要書(第36号の3様式)

b 「建築設備の検査」に対する報告をする場合

・定期検査報告書(建築設備(昇降機を除く。))(第36号の6様式)

・その他必要な書類(検査結果表、関係写真、別表等)

・定期検査報告概要書(建築設備(昇降機を除く。))(第36号の7様式)

c 「昇降機の検査」に対する報告をする場合

・定期検査報告書(昇降機)(第36号の4様式)

・他必要な書類(検査結果表主索及びブレーキパッドの写真関係写真)

・定期検査報告概要書(昇降機)(第36号の5様式)

d 「遊戯施設の検査」に対する報告をする場合

・定期検査報告書(遊戯施設)(第36号の10様式)

・他必要な書類(検査結果表関係写真探傷試験結果の概要がわかる資料(該当する場合))

 ・定期検査報告概要書(遊戯施設)(第36号の11様式)

e a~dに対する改善を実施した場合

 ・改善(補修)等完了報告書

  ・改修(補修)前後の写真

f 特定建築設備等を変更、廃止、休止、又は再開した場合

  ・特定建築設備等変更(廃止・休止・再開)届(規則第13号様式)

g 定期報告の対象となった場合

  ・定期報告に該当する旨の届出書

 

 ⇒様式のダウンロードページへ

3 提出部数及び提出先

提出部数

・正本1部、副本1部(副本を必要としない場合は、正本1部の提出でも可)

※正本は特定行政庁用、副本は所有者または管理者用です。

調査者は次回点検に備え、副本の写しを保管することをお勧めします。

提出先

・千葉市建築指導課(〒260-8722千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター3階)

 

定期報告制度とは

建築物の所有者・管理者は、建築物をいつも適法な状態に維持するよう努めなければならないとされています。(建築基準法第8条)

特に多数の者が利用するような用途及び規模の建築物等については、一旦事故が発生すると大事故に発展するおそれがあることから、より一層の安全を確保する必要があります。このため、特定行政庁が一定の建築物、昇降機、建築設備等を指定し、これらの建築物については所有者・管理者に委ねるだけでなく、専門技術を有する資格者に調査・検査をさせ、その結果を特定行政庁へ報告することを義務付けています。(建築基準法第12条1項及び第3項)

このように建物の良好な状態を維持していくための制度を定期報告制度といいます。

お問い合わせ先

都市局建築部建築指導課指導班
〒260-0026
千葉市中央区千葉港2番1号千葉中央コミュニティセンター3階
TEL:043-245-5838

このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

都市局建築部建築指導課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター3階

電話:043-245-5694

ファックス:043-245-5888

shido.URC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)