ここから本文です。

更新日:2017年6月6日

建築計画概要書の閲覧

建築計画概要書等の閲覧について

建築計画概要書とは?

建築基準法では、建築物の売買にあたって、善意の買主が無確認建築物(違反建物)を購入することにより不測の損害を被ることを防止するとともに、建物を建てる際に起こりうる周辺とのトラブル防止や違反建物の抑制等の観点から建築計画概要書等の閲覧制度が定められています。

建築計画概要書は、建築確認申請の際に提出していただく書類で、建築主、設計者、工事施工者、主要用途、敷地面積、延べ面積、構造などの建築物の概要及び付近見取図、配置図等が記されています(書式は年代により異なります)。

閲覧の対象

建築計画概要書の制度は昭和46年1月1日からの施行です。それより以前に建築確認された建物については建築計画概要書が存在しません。

物件を特定するための情報

できるだけ建築物に関する情報が多いほうが特定しやすくなります。

  • 建築確認番号
  • 確認または建築年月日
  • 確認申請当時の敷地の地名地番(住居表示ではありません)
  • 確認申請当時の建築主(建売の場合、住宅メーカーの名称になります)

上記の情報(建物の登記事項証明書など)をご持参下さい。

閲覧窓口

建築審査課

※区役所等では閲覧はできません。

※お車でお越しの際は市役所本庁舎の駐車場をご利用ください。(千葉中央コミュニティセンターの駐車場は有料です)

閲覧時間

午前9時から午後5時15分(正午から午後1時を除く)

料金

閲覧のみの場合は無料

写しの交付の場合、概要書の枚数×10円(現金)

申請書

ダウンロードはこちら→概要書閲覧申込書(エクセル:51KB)

注意事項

  • 工作物や昇降機の概要書はありません。ちはなちゃん(右手)
  • 平成19年6月以前の計画通知(公共団体の確認申請)の概要書はありません。
  • FAXや郵便での申請は受け付けておりません。
  • 区画整理が施行された場所や地名地番が変更されている土地は検索にかからない場合がありますので、区画整理の換地番号や変更前の地名地番がわかる書類(土地の登記事項証明書など)をご持参ください。
  • 物件によっては欠番や不鮮明なものもありますので、ご了承ください。
  • 混雑時はお待ちいただくこともございます。
  • 検索にかからない場合、ご自身で台帳から探してもらうことも可能です。(年度別の台帳に申請順に記載されています。)

 

このページの情報発信元

都市局建築部建築審査課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター3階

電話:043-245-5841

ファックス:043-245-5831

shinsa.URC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)