ここから本文です。

更新日:2017年8月15日

宅地耐震化推進事業

宅地耐震化推進事業とは

新潟県中越地震等で大規模に盛土造成された宅地で滑動崩落被害が発生したことを受け、地震時の宅地の安全確保を推進するため、大規模盛土造成地の抽出や危険度判定を行い、災害防止に努めるものです。

千葉市では、平成28年度から調査を開始し、1年目の平成28年度は、公有水面埋立地である美浜区を除く市域のうち、中央区・花見川区・稲毛区を対象に、大規模盛土造成地の抽出や基礎資料整理を行いました。

2年目の平成29年度は、若葉区を対象に、大規模盛土造成地の抽出や基礎資料整理を行います。

社会資本総合整備計画の作成

社会資本総合整備計画として、「千葉市宅地耐震化推進事業(防災・安全)」を作成しています。

この計画に沿って、調査を進めます。

平成28年度:当初作成、平成29年度:第1回変更

造成宅地防災区域の指定

千葉市では、現時点で「造成宅地防災区域」の指定はありません。

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

都市局建築部宅地課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター3階

電話:043-245-5317

ファックス:043-245-5583

takuchi.URC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)