• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年2月1日

落葉樹の梢図鑑

秋に葉を落し冬の間は枝だけになる落葉樹。葉のないぶん枝先の隅々まであらわになるので、夏場には見られない枝の張り方や細かな樹形を観察できます。樹形だけで木の種類を特定するのが難しい場合は、一年中変わらない樹皮(木の肌)や冬芽を観察して特徴を探ります。そして一番の手掛かりは、木の周辺の落ち葉を探すことです。
「樹形」「樹皮」「冬芽」「落葉」を観察して、木の名前を調べてみましょう。


▲ハクウンボク(白雲木)

▲アメリカヤマボウシ(別名・ハナミズキ)

▲ハンノキ(榛の木)

▲イチョウ(公孫樹、銀杏)

▲カツラ(桂)

▲ケヤキ(欅)

▲コブシ(辛夷)

▲ミズキ(水木)

▲イロハモミジ

▲ポプラ(西洋函柳)

▲シマサルスベリ(島百日紅)

▲シンジュ(神樹、別名・ニワウルシ)

▲ヒメシャラ(姫沙羅)

▲トウカエデ(唐楓)

▲トチノキ(栃の木)

▲トチノキの冬芽:大きくて表面がネバネバする

▲ソメイヨシノ(染井吉野)

▲カワヅザクラ(河津桜)

▲オオシマザクラ(大島桜)

▲シダレザクラ(枝垂桜)

このページの情報発信元

都市局公園緑地部中央・稲毛公園緑地事務所

千葉市中央区弁天3-1-1

電話:043-251-5103

ファックス:043-254-5834

chuo-inage.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)