• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年11月15日

公園における環境整備

福島第一原子力発電所の事故発生に伴い、健康への影響を危惧する市民から、公園における放射線量の測定要望や安全性への問い合わせが寄せられています。

公園の空間放射線量率は、外遊びを心配する値ではなく、文部科学省が示している放射線量低減策を実施する場合の指標(1時間当たり1マイクロシーベルト)を下回っており、現時点では、除染等の対策が必要な状況にはありません。しかし、雨水桝や側溝などについては、空間放射線量が高くなる傾向があるとの報道がなされており、市民がより安心して公園利用が図れるよう適切な対応が必要となってきております。

また、農林水産省は、平成23年8月31日付で「培土中の放射性セシウム測定のための検査方法の制定及び土壌改良資材中の放射性セシウム測定の扱いについて」により、千葉県を含む17都県での腐葉土・剪定枝堆肥などの新たな生産・出荷・施用を出来る限り控えるよう指導しております。

つきましては、公園緑地・街路樹の管理業務において、当面、下記のとおり取り扱うことから、適切な対応と関係団体等への周知を併せてお願いします。

 

  1. 公園内に清掃協力団体等が集積した落ち葉について

    1. すべて清掃工場での焼却処分とする。
    2. 当面、落ち葉による腐葉土づくりは自粛するよう指導する。
  2. 公園と街路樹で、これから発生する落ち葉、雑草、芝、剪定枝等の処理について
    1. 清掃により集積した落ち葉は、すべて清掃工場での焼却処分とする。
    2. 草刈、芝刈、剪定枝等で発生した植物系ゴミは、すべて清掃工場での焼却処分とする。
  3. 公園内の雨水桝や側溝の清掃について
    1. 公園緑地標準仕様書に基づき管理業務の一環として清掃し、泥はビニール袋に入れ土に埋める。

 

※上記1及び2に関する平成27年10月以降の対応について

 公園・緑地及び街路樹の維持管理において発生した落葉・雑草・芝・剪定枝などの植物系ごみについては、平成23年3月に発生した東日本大震災による原発事故に伴う放射性物質による土壌汚染の拡大防止のため、農水省からの堆肥等の施用・生産・流通の自粛に関する通知を受けて、清掃工場において焼却処分を行って参りました。

 平成27年度下半期からは、市全体で焼却ごみの削減と再資源化を進めていく方針が示されたことから、焼却処分から民間再資源化施設によるリサイクルに移行することといたしました。あわせて、落ち葉等による腐葉土づくりについても、当該公園緑地内で利用し、区域外に持ち出さないことを条件に、自粛措置を解除いたしました。

このページの情報発信元

都市局公園緑地部公園管理課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティーセンター9F

電話:043-245-5780

ファックス:043-245-5886

kanri.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)