ここから本文です。

更新日:2019年11月21日

千葉市で見ごろの花

開花情報など

前の月

千葉市見ごろの花トップページへ戻る

次の月

2018年4月 

 4月に入り、春真っ只中という感じになってまいりました。様々な花が各地で咲き始めています。千葉公園では牡丹やつつじが見ごろを迎えているようです。牡丹といえばその優美な姿から「花の王」と呼ばれることもあるようですが、よく芍薬と混同されてしまいます。花の形など似ていますが、別の植物です。見分けるのにわかりやすいポイントとしては葉の形が異なります。牡丹の葉は、ツヤがなく、切れ込みがあるのが特徴で、芍薬の葉にはツヤがあり、丸みがあります。皆さんも是非違いに注目してみてください。

 

牡丹 つつじ

 

 

 千葉公園では枝垂れ桜が見ごろを迎えています。染井吉野などの一般的な桜とは異なり、その名のとおり枝が垂れているのが特徴的な桜です。知っている方も多くいるとは思いますが、桜はバラ科に属している植物となります。現在皆さんが目にしているバラは花弁が多くありますが、園芸品種として改良されたものがほとんどのようです。野バラは花弁が5枚で見た目も桜に似ています。

 

桜1 桜2

  

 

 

このページの情報発信元

都市局公園緑地部緑政課緑と花の推進室

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティーセンター9階

電話:043-245-5753

ファックス:043-245-5885

ryokusei.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)