ここから本文です。

更新日:2014年12月14日

都市計画制度の仕組み

都市計画制限は、計画の内容に応じた規制を行い、民間の行う建築行為、開発行為をコントロールするもので、都市計画事業は、行政等が積極的に都市施設の整備や市街地開発事業を行うものです。

この「都市計画のマスタープラン」に基づき、土地の使い方のルール(「土地利用に関する計画」)、都市活動等を支えるために必要な施設の配置・規模(「都市施設の整備に関する計画」)、宅地と都市基盤施設の整備を一体的に行う面的整備事業(「市街地開発事業に関する計画」)の区域などを定めます。

また、計画は決定しただけでは意味がなく、計画を実現するために、「都市計画制限」と「都市計画事業」の2つの手法が用意されています。

都市計画制限は、計画の内容に応じた規制を行い、民間の行う建築行為、開発行為をコントロールするもので、都市計画事業は、行政等が積極的に都市施設の整備や市街地開発事業を行うものです。

都市計画課トップページへ

このページの情報発信元

都市局都市部都市計画課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター3階

電話:043-245-5305

ファックス:043-245-5627

keikaku.URU@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)