ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 都市計画・都市景観 > 屋外広告物 > 圏央道開通に伴う広告の制限強化

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年3月30日

圏央道開通に伴う広告の制限強化

平成25年5月16日より、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の市内全区間及びその両側の路端から側方へ100メートル以内の区域で道路から展望できる区域をより制限の厳しい第1種地域に指定しましたので、お知らせします。

1 対象区域

首都圏中央連絡自動車道の市内全区間及びその両側の路端から側方へ100メートル以内の区域で道路から展望できる区域

区域図(PDF:348KB)

2 根拠法令

千葉市屋外広告物条例第4条第2項第6号及び第7号

3 許可基準

第1種地域・・・すぐれた環境を維持すべき地域で、ある一定以上の大きさ以下の「自家用広告物」・「道標」・「案内図板」等のみ掲出することができます。

(基準の一例)

項目 第1種地域の基準
共通事項
  • 黒色及び原色、又は蛍光塗料等を使用したことにより、美観風致を害し、又は交通の安全を妨げるものでないこと
  • 自家用広告物、道標、案内図板、その他これらに類する広告物であること
  • ネオン管、その他照明は点滅しないこと
  • 回転灯を使用しないこと
小規模広告物
  • 一表示面積2平方メートル以下
  • 高さ7メートル以下
  • 敷地外への突出しは禁止
  • 敷地につき1個まで
独立広告物
  • 一表示面積は3平方メートル以下
  • 高さ5メートル以下
  • 他の広告との距離を5メートル以上とること
  • 鉄道等の線路敷より20メートル以上離すこと
  • 敷地につき1個まで

※その他、壁面広告物、突出広告物等についても第1種地域の基準となりますので、ご確認ください。

4 基準適用日

平成25年5月16日より

5 問い合わせ先

千葉市都市局都市部都市計画課都市景観デザイン室

TEL:043-245-5307 FAX:043-245-5627
e-mail:keikan@city.chiba.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

都市局都市部都市計画課都市景観デザイン室

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター3階

電話:043-245-5307

ファックス:043-245-5627

keikan@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)