ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 交通 > 東京都市圏パーソントリップ調査・物資流動調査

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年12月16日

東京都市圏パーソントリップ調査・物資流動調査

千葉市では、東京都市圏の都県政令市、国土交通省関東地方整備局及び複数団体とともに東京都市圏交通計画協議会において、東京都市圏の『人の動き』や『物の動き』を把握し、将来の総合交通計画を策定するための調査を行っています。調査結果は、各地域における交通問題解決に向けた有用なデータとして幅広く活用されています。

お知らせ

【平成27年12月16日】

第5回東京都市圏物資流動調査「東京都市圏の望ましい物流の実現に向けて」を公表しました。詳細は東京都市圏交通計画協議会ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

パーソントリップ調査とは

パーソントリップ調査はだれが、なんのために、どこからどこへ、何時ごろ、何を使って移動しているかの調査です
パーソントリップ調査とは、『人の動き』(人(Person)の動き(Trip))の調査です。

この調査は、「どのような人が」「どのような目的で」「交通手段で」「どこからどこへ」移動したかなどを調べるものです。この調査結果より、鉄道や自動車、徒歩といった各交通手段の利用割合や交通量などを求めることができます。

【過去の調査年次】
第1回(昭和43年)、第2回(昭和53年)、第3回(昭和63年)、第4回(平成10年)、第5回(平成20年)

物資流動調査とは

物資流動調査は、工場から搬出し、物流センターを経由したのち、事務所に搬入されるまでの一連のものの動きの調査です。
物資流動調査とは、『物の動き』に着目し、主にその動きとそれに関連する貨物自動車の動きを把握することを目的とした調査です。

この調査から、調査対象の事業所の「施設の種類、機能」「出入りする物資の量や貨物自動車の台数」「輸送手段」、物資がどこへどれだけ輸送されるのか、どこからどれだけ輸送されてきたのかなどの「物資の流れ」などを求めることができます。

【過去の調査年次】
第1回(昭和47年)、第2回(昭和57年)、第3回(平成6年)、第4回(平成15年)、第5回(平成25年)

東京都市圏交通計画協議会

東京都市圏交通計画協議会は、国と複数の都県市及び関係機関(※)がお互いに協力しあって、東京都市圏における総合的な都市交通計画の推進に必要な調査研究を行う組織です。
東京都市圏交通計画協議会の詳細についてはこちら(外部サイトへリンク)

(※)東京都市圏交通計画協議会構成団体
国土交通省関東地方整備局、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市、独立行政法人都市再生機構、東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社

調査集計データの提供について

東京都市圏交通計画協議会では、パーソントリップ調査及び物資流動調査における基礎集計項目の提供をしております。
データのダウンロードはこちら(外部サイトへリンク)

基礎集計項目に無い集計項目を希望する場合は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。

このページの情報発信元

都市局都市部交通政策課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター3階

電話:043-245-5351

ファックス:043-245-5568

kotsu.URU@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)