ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 都市計画・都市景観 > 施策・事業 > 公共事業再評価 > 平成20年度実施東幕張地区公共事業再評価

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2009年3月19日

平成20年度実施東幕張地区公共事業再評価

1 再評価を実施した事業

(1)事業名

千葉都市計画事業東幕張土地区画整理事業

(2)事業主体

千葉市

(3)所管課

都市局都市部東幕張土地区画整理事務所

(4)事業概要

事業区分
認可公告日
完了予定年度
経過年数
施行面積
建物移転戸数
都市計画道路延長
区画道路延長
公園面積
土地区画整理
平成8.10.17
平成32年度
12年
26.1ha
456戸
888m
7,056m
9,400平方メートル

ア 事業の目的
本地区はJR幕張駅前に位置し、「地域拠点」として位置づけられているが、都市基盤施設の整備が遅れ、防災上もその整備が急務となっているため、土地区画整理事業により、公共施設の整備改善を実施する。

イ 事業の進捗状況

(ア)事業費等

  • 総事業費 27,400百万円
  • 平成19年度末事業費 8,573百万円
  • 進捗率 31.3%

(イ)施設の供用状況等(平成19年度末)

  • 仮換地指定率 28.6%
  • 建物移転率 15.1%
  • 道路整備率 10.2%

(5)事業が長期化している理由

木造建築物が密集した既成市街地であり、先行買収地を利用した建物移転を進めてきたが、従前道路が少ないため、建物移転とインフラ整備及び換地造成を同時期に施工することが難しく、地権者との建物移転時期の調整が難航し時間を要している。

(6)今後の見通し等

平成20年度末には、花見川区内の幹線道路である都市計画道路幕張町弁天町線の整備が完了し、供用開始となることから、地域間の連携が強化されると共に、土地区画整理事業による事業効果が発現される事から権利者の事業協力が得られやすく、今以上の事業進捗が期待出来る。また、建築資材等の搬入が容易となり、建築コストの縮減及び工程の短縮が可能となる事から事業進捗に良い影響となる。

(7)再評価実施理由

再評価実施後、5年間が経過した時点で継続中の事業。

2 費用便益分析

区分
B/C 総便益(百万円)
総費用(百万円)
基準年
土地区画整理事業
1.05
33,818
32,187
平成20年度
街路事業(全体)
1.76
23,600
13,436
平成20年度
街路事業(残事業)
27.13
23,600
870
平成20年度

3 対応方針

継続とする。
(決定理由:費用便益分析の結果からも、事業の投資効果が認められており、引き続き事業を継続する必要があると判断している。)

4 結論に至った経緯

  1. 平成20年12月24日 第一回千葉市公共事業再評価監視委員会
    平成21年1月21日 第二回千葉市公共事業再評価監視委員会 継続を了承。
  2. 平成21年2月6日 対応方針決定 継続とする。

このページの情報発信元

都市局都市部市街地整備課東幕張土地区画整理事務所

千葉市花見川区幕張町4丁目46番地1

電話:043-276-0456

ファックス:043-276-1977

higashimakuhari.URU@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)