ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 都市計画・都市景観 > 海辺の活性化事業 > 千葉みなとエリアの活性化 > 千葉みなと2号小型浮さん橋を定係場とする船舶が決定しました!!

ここから本文です。

更新日:2018年12月28日

千葉みなと2号小型浮さん橋を定係場とする船舶が決定しました!!

 現在、千葉港千葉中央地区では、みなとの賑わい創出を目的とした港湾整備が進んでおり、2016年4月には小型浮さん橋1基が、2018年8月には2基目の小型浮さん橋(以下「さん橋」という。)が完成しました。この度、さん橋を定係場とし、みなとの活性化に寄与する船舶が決定しましたのでお知らせします。

1.船舶の紹介

MY2
  • 船名:MYⅡ(エムワイツー)
  • 総トン数:18t
  • 全長:13.47m、全幅:4.8m、喫水1.35m
  • 旅客定員:30人
  • 最高速力:18ノット(約33km/h)、航海速力:16ノット(約30km/h) 

 

 


客室写真

船内

フライング

【船内】

【フライングブリッジ】

運航内容

 チャーター(貸切)をメインとした運航です。詳細は決定次第HP等でお知らせします。

船舶に関するお問い合わせ

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-15-1 東武横浜第2ビル7階

株式会社ケーエムシーコーポレーション

電話:045-290-8377/FAX:045-290-7838

 

2.船舶の選考方法

  • 千葉みなと2号小型浮さん橋係留船舶募集選考委員会にて選考
  • 特に評価が高かった点:意欲工夫、提案船舶、事業計画
株式会社ケーエムシーコーポレーション 74.3点
A社 62.7点

 

3.船舶の係留場所(千葉みなと2号小型浮さん橋) 

位置図

桟橋2

 

4.市長定例記者会見資料

11月22日(木曜日)に市長定例記者会見を行いました。

詳細は資料をご覧ください。

千葉みなと小型浮さん橋の2基目が完成し、12月から運用を開始します!(PDF:256KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

都市局 海辺活性化推進課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター3階

電話:043-245-5348

ファックス:043-245-5695

umibe.UR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)