ホーム > 若葉区役所 > 若葉区の紹介 > 区の取り組み > 若葉区地域活性化支援事業 トップページ > 若葉区地域活性化支援事業 H29補助金交付団体

ここから本文です。

更新日:2017年7月3日

若葉区地域活性化支援事業 H29補助金交付団体

区民の皆さんが主体となって、地域の活性化及び地域における課題解決等を行う活動に対して、その活動経費を助成し、地域活性化を図ることを目的とした事業です。
プレゼンテーション等の審査を経て補助金交付団体が下記のとおり決定しました。

  1. 地域づくり活動支援:12団体(新規5団体、昨年から継続7団体)
  2. 区テーマ解決支援(支え合い・見守り活動事業):9団体(新規5団体、昨年から継続4団体)
  3. 地域拠点支援:0団体

地域づくり活動支援

団体名 事業名 事業概要
千城台東町自治会自主防災隊 東町 見守り・支援ネットワーク 地域で各団体がそれぞれ行っている支援活動を見直し、災害発生時に迅速に対応できるよう、地域ぐるみの支援体制づくりをおこなう。特に、避難行動要支援者の支援体制の充実を図る。
桜木北交通安全推進隊 児童・生徒の交通指導・保護・見守り活動 若松小学校区内の通学路において、児童・生徒の交通指導・保護・見守り活動をおこなう。また、危険箇所へ注意看板を設置するほか、本活動を地域住民へ周知し、隊員の増員にも取り組む。
都賀の台マルシェ 都賀の台マルシェ 高齢化率50%の都賀の台地区の中心に位置する「都賀の台ショッパーズ」前広場で、みんなで作るコミュニティ「都賀の台マルシェ」を定期開催し、多世代交流の場を提供する。
千葉災害ボランティア連絡会 防災・減災に関する啓蒙活動事業 町内自治会及び避難所運営委員会への防災体制構築支援、中学生に対する講習会を実施し、地域住民が万が一の発災に対して「あわてない」ようになれることを目指す。
御殿町若人会 御殿町の地域活性化に向けた地域活動の展開―住み慣れた地域で住み続けるためには― 共に支え合い住み慣れた地域で住み続けられるまちづくりのため、自治会の協力を得て、若者(30代~40代)が中心となり、多世代交流サロンや町内奉仕活動等を行う。昔ながらの向こう三軒両隣の機能を再構築する。
加曽利貝塚ガイドの会 加曽利貝塚「国特別史跡」化に向けた加曽利貝塚博物館の各行事を強力にサポートし、加曽利貝塚周辺の「まちづくり」を支援するプロジェクト 加曽利貝塚及び各イベント会場において体験型・参加型のプログラムを実施するほか、加曽利貝塚を中心とした「地域マップ」の作成及び「縄文スタンプラリー」の実施により、加曽利貝塚周辺のまちづくり・活性化を図る。
特定非営利活動法人バランス21 里山保全と里山の自然を知り生かす地域づくり:その2 若葉区谷当町の里山再生活動。地域住民が自然から学び、暮らしが心豊かになるよう、農業体験やビオトープ作り等の自然体験イベントを開催する。
まちづくり・ほおじろ台を考える会 継続可能な「絆」を基にした地域活動の展開―自然・地域環境を楽しむ場所創り― ふるさと・ほおじろ台の自然の魅力に触れられるPATHE(通り・小径)を創り、新たな絆を生むことでまちの活性化を図る。また、昨年度作成した「暮らしの中の地図帳」を利用し、説明会等の開催により地域の魅力発信をおこなう。
千葉県認知症ケア専門士会千葉地区 笑いカフェと認知症の地域啓発事業 認知症の方が安心して過ごせる居場所を提供し、自らの意志で行動ができるお手伝いをしていく。また、介護する家族の方の精神ケアと地域住民の認知症に対する啓発活動を実施する。
千葉市立ことぶき大学校 自治会 デジカメクラブ ことぶき会 俺んちの畑 高齢者の生きがい手助け 若葉区内の高齢者施設や自宅に閉じこもっている高齢者と写真撮影や花・野菜づくりを通して、コミュニケーションを図りながら生きがいの手助けを行う。
わかば街づくり研究会 「街のこれからの10年間を考える」 大規模団地において多世代交流ができる「集会室」の活用について、所有者であるUR都市機構と連携し、参加者同士で自らプログラムを運営できるようなシステムづくりを進める。また、イベントの拡充、「みつわ台絆マップ」の作成を継続しておこなう。
プレーパークわくわくの森 おなりだい 実行委員会 プレーパーク わくわくの森 おなりだい  御成台公園でプレーパークを定期開催し、地域住民と子供たちの交流の場を提供する。また、プレーパークの周知とプレーワーカーの育成を行う。

区テーマ解決支援

団体名 事業名 事業概要
ふれあいの会-若葉の杜 高齢者のための見守り・支え合い事業 地域高齢者の日常生活の支援、孤立化の防止、住民のふれあいの促進などにより、地域の高齢者が安心して、楽しく、そして健康で住み続けられることができる地域を目指す。
5・6支えあいの会 高齢者の方々の見守り、助け合い活動 「元気な高齢者」が「支援が必要な高齢者」の日常生活の支援活動やいきいきサロンの開催により住民同士の交流を促進する。
御成台三丁目自治会 支え合いの会”虹“ 地域活性化支援事業(見守り支え合い活動) 高齢化が進む中、地域で孤立する人が出ないように、見守り・支え合い活動、体操教室、茶話会を行い、住民間の連携を深める。
若葉区シニアリーダー連絡会 若葉区シニアリーダー体操教室 元気な高齢者がリーダーとなり、公民館を中心に地域の高齢者を対象に認知症予防と健康維持・増進を目指す「シニアリーダー体操教室」を実施する。
たんぽぽの会 たんぽぽ見守り・支え合い事業 地域内(西都賀3・4丁目)での一人暮らし、高齢者等へ「見守り」「ふれあい」「支えあい」を通じて、地域の誰もが安心して暮らせるまちづくりを目指す。緊急時の連絡や災害時にも対応できる体制をつくる。
都賀の台自治会 支え合い活動委員会 都賀の台 支え合い活動 高齢化率が50%に届きそうな現状を踏まえ、元気なシルバーが同世代を助けるという相互扶助を基調とした街づくりを目指し、民生委員と連携した要支援者と協力者のカップリングの推進、行政・社協・先進活動団体等との情報交換、ご近所による見守り活動、生活支援に取り組む。
多部田町自治会 高齢者のための見守り活動 高齢化が進む多部田町において、一人暮らしの高齢者への見守り活動及び自治会館に高齢者どうしの憩いの場を設けることで、「孤独感の解消」や「新たな仲間づくり」を進める。
桜木町長寿会 高齢者ふれあい事業「サロン桜木」 孤立する高齢者を防ぎ、地域の交流を深めるため、健康講和や落語鑑賞などの「サロン桜木」を定期開催している。参加者の増加と活動の活性化を目指し、新たに認知症予防を目的とした料理を活動内容に加える。
みつわ台ハイツ ふれあい隊 高齢者のパソコン教室と「男のサロン」、見守り・助け合い

みつわ台ハイツの入居者は超高齢化を迎えていることから、助け合い事業(ゴミだし、電球交換、剪定等)を行っている。支援を必要とする高齢者が気軽に利用し、元気な高齢者が生きがいを感じられる社会を目指す。

 

 

このページの情報発信元

若葉区 地域振興課

千葉市若葉区桜木北2丁目1番1号

電話:043-233-8120

ファックス:043-233-8162

chiikishinko.WAK@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)