ホーム > 若葉区役所 > 若葉区の紹介 > 若葉区の組織 > 若葉区 地域振興課 > 若葉区ってどんなまち?自然豊かな環境に住んでみよう!

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年5月10日

若葉区ってどんなまち?自然豊かな環境に住んでみよう!

若葉区では、若年世代の定住促進策の一環として、都会に暮らしながら豊かな自然にも身近に触れ合える区の魅力をPRするため、若年世代向けのリーフレットを作成しました。

若葉区若年世代定住化促進リーフレット「若葉区ってどんなまち?」

    リーフレット表紙リーフレット表面(PDF:277KB)

リーフレット裏面(PDF:231KB)

 

 

 

千葉市若葉区ってどんなまち?

若葉区には15万人の人が住んでいて、広さは千葉市の中で、一番なんだ。大きな公園で遊んだり、市民農園・観光農園でいろいろな体験ができて楽しいよ。自然の中でのびのび暮らせる区なんだ。加曽利貝塚PR大使かそりーぬです

 

加曽利貝塚PR大使「かそり―ぬ」

 

若葉区は「豊かな自然と身近に触れ合えるまち」

見どころ

富田都市農業交流センター(富田町)
(外部サイトへリンク)
毎年春には約15万株のシバザクラ、秋には約10万株のコスモスが一面に咲き誇り、鮮やかな景色を楽しめます。

富田町芝桜2 富田町コスモス1

体験

市民農園
若葉区には現在14カ所の市民農園があり、利用者には農機具の貸出しや栽培相談、栽培講習会が開催されており、初心者から経験者まで幅広く利用できます。

市民農園1

下田農業ふれあい館(下田町)(外部サイトへリンク)
新鮮な地元の野菜などを販売する「しもだ農産物直売所」と、地元の旬な農産物を使った料理を楽しめる農家レストラン「澪(みお)」があり、郷土食をベースとした体に優しい料理を提供します。
下田ふれあい館店内

JA千葉みらいの農産物直売所「しょいか~ご」(小倉町)(外部サイトへリンク)
わくわく広場みつわ台店(みつわ台)(外部サイトへリンク)

見学

千葉市動物公園(源町)
園内では、人気の「レッサーパンダ」や珍しい「ハシビロコウ」、ゾウ、キリンを間近に見られます。また、動物について深く学べる施設も数多くあります。

動物公園1 動物公園レッサーパンダ

散策

泉自然公園(野呂町)
「日本のさくら名所100選の地」に選ばれた自然豊かな公園。約1,500本の桜、約1万株の菖蒲田、カタクリの群生地、水鳥の泳ぐ池などがあります。

泉自然公園花サクラ 泉自然公園紅葉

若葉区は親子で、仲間で夢中になれる体験イベントもいっぱいです。

大草谷津田いきものの里の自然観察会や、子どもたちの森公園、火おこしや土器づくりを行う加曾利貝塚博物館など自然と身近にふれあえる環境が整っています。

自然体験

大草谷津田いきものの里
谷津田や樹林などの様々な環境を利用して、多くの生き物が暮らしています。
谷津田の自然を観察して歩けるよう、自然観察路コースの見どころには解説板があり、自然や生き物について学ぶことができます。

大草谷津田3 大草谷津田1

里山地区(若葉区内は2か所指定)
身近な森を「里山地区」に指定し、保全活動を通じての交流などを目的に、森林ボランティアと市民の方々が、協働で管理をしています。
いずみの」(富田町)2.2ha
おぐらの」(小倉町)5.0ha

子どもたちの森公園(プレーパーク)(外部サイトへリンク)
園内では禁止事項を極力なくし、子どもたちが「自分の責任で自由に遊ぶ」ことをモットーに、工具や自然の素材等を使って自分のしたいことを実現できる遊び場です。

子どもたちの森公園2 子どもたちの森公園4

農業体験

市民農園
豊かな自然に囲まれた市民農園で、新鮮な野菜をつくってみませんか?
都市農業交流センター
現在、富田町・下田町・中田町の3拠点が「都市農業交流センター」として整備されています。
市園芸協会(外部サイトへリンク)
園芸協会では、市民農園をお持ちの方とご自身で野菜を作りたいと考えている市民の方の仲立ちを行っています。
都市農業交流センター田植え 市民農園4

 

縄文体験

加曽利貝塚博物館(加曽利町)
界でも最大規模の貝塚「加曽利貝塚」。遺跡の中に建てられた博物館の展示室には、縄文土器や石器などをつかって、東京湾周辺に住んでいた縄文時代の人々の生活のようすをわかりやすく展示しています。
縄文時代の「火おこし」体験や、縄文土器づくりの実演など、さまざまな縄文体験が楽しめます。
加曽利貝塚火おこし体験

観光農園では年間を通して様々な果実や野菜の収穫が楽しめます。

観光農園1 観光農園2
若葉区内の観光農園

農園名 主な品種 農園名 主な品種
野ナーセリー(富田町) ブルーベリー 御殿栗園(御殿町) クリ、タケノコ
津竹の子園(若松町) タケノコ、フキ さわの森農園(加曽利町) イチゴ
根ぶどう園(高根町) ブドウ、ナシ 千葉中央観光農園(小倉町) ナシ、ブドウ他
ドラゴンファーム(小倉町) ブルーベリー、イチゴ わかまつ柿園(若松町) カキ
松みどりの栗園(若松町) クリ、タケノコ 吉田農園(下田町) パンジー、ビオラ(花壇苗)
わたしの田舎」谷当工房(谷当町) タケノコ、サツマイモ ちはる農園(中田町) イチゴ
野フルーツ園(中野町) ブルーベリー、ブドウ    

 

若葉区では自然豊かな里山で手作り食品や親子でのんびり里山サイクリングなどが楽しめます。

  • 千葉市観光協会のとっておき散策コース!!「御成街道里山散策コース
    徳川家康が東金へ鷹狩りに出かけるために作られた「御成街道」や、里山「いずみの森」などを散策するコース!(コース中、乳牛育成牧場は現在立ち入りできません。)

里山サイクリング

千葉市のくらしの情報

千葉市に住もう!
データでみる千葉市の魅力!

千葉市への転入で、こんな特典も!

特典1 3世代同居などをバックアップ!

市内での3世代同居などに必要な費用の一部を助成します。

特典2 特定優良賃貸住宅(とくゆうちん)

賃貸マンションの家賃を補助。子育て世帯はさらにおトク!

千葉市に住んで、のびのび子育て

魅力1 千葉市は保育所の待機児童ゼロを達成しました!(平成26年、平成27年)

育所・幼稚園
※子育て支援情報サイト「子育てナビ」では、子育てに関する行政サービスを分かりやすく紹介しています。

魅力2 千葉市は子ども医療費助成対象を中学3年生までに拡大しました!

子ども医療費助成制度
助成対象のお子さんが医療機関(整骨院等を含む)に通院又は入院した場合や、院外処方せんにより保険薬局で薬を受け取った場合に、保険診療の範囲内で医療費の自己負担額の全部又は一部を助成する制度です。

若葉区若年世代定住化促進プランを作成しました。

若葉区は、市内6区の中でも特に若年人口の大きな減少が予想されています。
こうした若年人口の減少は、地域の活性化など、まちづくりを進めるうえで大きな影響を及ぼすことから、若年世代の若葉区への定住促進を図る「若葉区若年世代定住化促進事業」を展開していきます。

プランの作成経緯やプランの内容など、詳しい内容はこちらをご覧ください。

若葉区若年世代定住化促進プランに関する情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

若葉区 地域振興課

千葉市若葉区桜木北2丁目1番1号

電話:043-233-8122

ファックス:043-233-8162

chiikidukuri.WAK@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)