• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年4月7日

施設の計画的保全

資産の総合評価で継続利用となった施設について、重要性、緊急性から全庁横断的な保全対応優先度を判断し、長期に維持すべき建物の計画的な保全を推進します。

計画的保全とは

千葉市では、資産経営システムを活用した、計画的保全の仕組みを構築しています。計画的保全対象施設は築60年以上使用することを基本とし、施設の長寿命化のために、予防保全や大規模改修を実施します。

計画的保全の取り組み

計画的保全の取り組みとして、資産の総合評価による対象施設の選定から始まり、「計画的保全実施計画(ロードマップ)」の作成や、「保全事業評価」、「建物劣化度調査」の実施により、予防保全的な修繕や改修、大規模改修などを行います。

計画的保全概念図

 計画的保全実施計画(ロードマップ)

資産の総合評価の結果、継続利用(保全対象)となった施設(計画的保全対象施設)について、目標耐用年数・残耐用年数、大規模改修想定時期及び部位・設備をまとめた「計画的保全実施計画(ロードマップ)」を作成します。

 保全事業評価

資産の総合評価の結果、継続利用となった施設について、保全事業を行う際は、保全事業の内容や実施時期、事業費等を事前に検証・評価する「保全事業評価」を実施します。

保全事業評価では、技術的視点及び資産経営的視点に基づき、保全事業の優先度を数値化することで、全庁横断的に優先順位を設定し、その結果を実施内容等に反映させます。

 建物劣化度調査

建物の計画的保全を行うためには、劣化部位・設備の特定が必要になります。また、建物劣化は、立地や使い方、設備機器等の種類や補修歴等さまざまな要因が組み合わさっており、個々の施設ごとに劣化状況や保全箇所は、大きく異なります。

そこで、計画的保全対象施設を大規模改修する際は、大規模改修の必要性、建物の劣化部位・設備や必要な道連れ工事(同時に行うことが効果的な工事など)を把握し、その結果を反映した改修計画を策定する「建物劣化度調査」を実施します。

千葉市計画的保全の手引き

千葉市における計画的保全の取り組みについて、詳しく知りたい方は、千葉市計画的保全の手引き(PDF:1,467KB)(別ウインドウで開く)をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

財政局資産経営部資産経営課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5285

ファックス:043-245-5654

shisankeiei.FIA@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)