• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年3月28日

資産経営システム

資産経営の最適化を図るため、一元化した資産データを活用し、資産の総合評価に基づく利用調整から施設の計画的保全までを総合的に担う千葉市資産経営システムの運用を平成25年度から開始しました。

【資産経営システムのイメージ】
資産経営システムのイメージ図

資産データの一元化

資産経営を適切に行うためには、施設の管理コストや利用状況、建物の保全状況など複数の側面からの情報を総合的に収集し、活用することが必要です。
こういった情報を一元的に管理し、活用するため、資産データベースを構築しました。

資産データベースは資産経営システムの中で、収集した資産データの管理、資産カルテの作成、資産の総合評価における分析ツール、という3つの役割を担います。

1.資産データの管理

資産データベースは、これまで別々に管理されていた建物の保全状況などのハード情報と利用状況などのソフト情報を集約し、施設単位で管理します。

2.資産カルテによる「資産情報の見える化」

施設の現状や公共施設のあり方について、理解を深めて頂けるよう、資産データベースの情報を活用し、資産カルテを作成・公表します。

3.資産の総合評価における分析ツール

資産データベースの情報を活用し、資産の総合評価における定量評価を行います。

ページの先頭へ戻る

資産の総合評価に基づく利用調整

資産の活用方法の決定にあたっては、最初に、資産の評価を行い(資産の総合評価)、その結果に基づき、具体的な利用方針を決定(利用調整)します。

なお、評価にあたっては、有識者や公募市民で構成される千葉市資産経営推進委員会(附属機関)から、評価の枠組みや視点等についてご意見を頂きながら進めます。

ページの先頭へ戻る

施設の計画的保全

資産の総合評価で継続利用となった施設について、重要性、緊急性から全庁横断的な保全対応優先度を判断し、長期に維持すべき建物の計画的な保全を推進します。

ページの先頭へ戻る

このページの情報発信元

財政局資産経営部資産経営課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5283

ファックス:043-245-5654

shisankeiei.FIA@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)