ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 財政局 > 財政局長のメッセージ一覧 > 第2回公共施設見直しシンポジウムを開催します(2016年10月27日)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2016年11月14日

第2回公共施設見直しシンポジウムを開催します(2016年10月27日)

財政局長の宍倉です。
今回は、「第2回 千葉市公共施設見直しシンポジウム」の開催についてお知らせします。

 第2回 千葉市公共施設見直しシンポジウム

 11月13日(日曜日)に、千葉市生涯学習センター(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)にて、「見直しでどう変わる?これからの公共施設 ~千葉市が目指す再配置のカタチ~」をテーマに、シンポジウムを開催します。

 平成26年度の第1回は、「いまこそ見直そう!わたしたちの公共施設 ~30年後のわがまちを見すえて~」をテーマに、公共施設の見直しの必要性や取り組みの方向性をご理解いただくため、開催しました。(第1回の開催結果はこちら

 今回は、公共施設の見直しを具体的に進めていくために行う「再配置」について、千葉市はどのような組み合わせで進めばよいか、他市の事例などを参考として有識者の皆さんにパネルディスカッションで議論していただきます。

 さて、「再配置」という言葉は、普段あまり耳にしないのではないかと思います。

 例えば、あまり利用されていない、老朽化した公共施設を、現地で同じ規模で建替えるとしたらどうでしょう?ニーズに合わない建物ではあまり利用されず、コストばかりかかってしまいます。

 そこで、近くに利用の実態が類似した施設があれば片方に統合したり、あるいは機能が違う施設でもより規模の大きい施設の中へ移転させて複合化する(同居させる)など、工夫をしながら市民サービスを維持していくことが必要となってきます。これが「再配置」です。

 今後、こうした再配置を進めていくにあたっては、市民の皆さんにその意義をご理解いただくことがとても重要だと考えています。今回は市民の皆さんによるグループ討議も行いますので、ぜひ、ご参加いただきたいと思います。

 当日は、公共施設の問題に造詣が深く、前回のシンポジウムでもパネリストとしてご登場いただいた、早稲田大学教授の稲生信男さん、明治大学教授の山本俊哉さん、千葉工業大学准教授の倉斗綾子さんに加え、先進事例をご紹介いただく小平市職員の飯島健一さんを新たにお迎えし、パネルディスカッションを行います。

 市民の皆さんにとっても身近な公共施設に関する内容ですので、ぜひご来場ください。

 ~ シンポジウムは終了しました。ご来場ありがとうございました。 ~

このページの情報発信元

財政局財政部資金課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5074

ファックス:043-245-5535

shikin.FIF@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)