千葉市動物公園 > イベント情報 > 動物浪曲「シートン動物記~オオカミ王ロボ」を開催!

おすすめコース

総合案内

イベント

ここから本文です。

動物浪曲「シートン動物記~オオカミ王ロボ」を開催!

更新日:2019年7月15日

動物浪曲「シートン動物記~オオカミ王ロボ」を開催!

2019072101明治時代初期から始まった語り芸能「浪曲」と、動物園が異色の初コラボ!!

千葉市動物公園では、動物を題材とした「浪曲」の口演会を開催します!浪曲と動物園とのコラボは初めてであり、今回は児童図書などでも有名な「シートン動物記」のほか、千葉市動物公園を題材にした特別作品も初披露します。
動物を題材とした古くからの日本の大衆芸を、子どもから大人まで楽しめるようアレンジした貴重な催しです。

ぜひ、お見逃しなく!

実施概要

  • 日時:2019.7.21(日)13:00~14:002019072102
  • 会場:千葉市動物公園内 動物科学館 レクチャールーム
  • 定員:120人(当日先着順)
  • 費用:無料(高校生以上は要入園料。入園料は高校生以上700円)
  • 出演

[浪曲師]東家 一太郎(あずまや いちたろう)さん2019072103

[曲師]東家 美(あずまや みつ)さん

  • 内容

①浪曲のかけ声、拍手プチ講座
②一太郎の案内浪曲 楽しい!千葉市動物公園
③シートン動物記~オオカミ王 ロボ

参考情報

  1. 浪曲
    明治時代初期から始まった演芸の一つで「浪花節」(なにわぶし)とも言い、三味線を伴奏に用いて一つの物語を節(ふし)と啖呵(タンカ・台詞)で演じる語り芸能。親子の愛、師への尊敬、忠義、礼節など次世代に伝えたい「誇るべき日本」の姿を肩の張らないスタイルで表現しています。浪曲と動物園とのコラボは初となります。
  2. 東家 一太郎(あずまや いちたろう)さん
    浪曲の新しい魅力を追い求め、平成30年度(第73回)文化庁芸術祭 新人賞(大衆芸能文門)を受賞し、幅広い世代に支持されています。夫が浪曲師、妻が曲師という浪曲コンビは本組だけです。
  3. シートン動物記~オオカミ王ロボ  
    アメリカの博物学者シートンが、動物たちのありのままの姿を書き上げた動物物語です。オオカミ王ロボは、オオカミの夫婦愛を描いた、本当にあった感動の物語です。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ