千葉市動物公園 > 動物紹介 > 動物図鑑 > アビシニアコロブス

おすすめコース

総合案内

イベント

ここから本文です。

アビシニアコロブス

更新日:2013年5月29日

アビシニアコロブス

アビシニアコロブス

英名

Eastarn Blak-and white Colobus

学名

Colobud guereza

分類

霊長目(サル目) オナガザル科

生息地

カメルーン、ガボンからコンゴ、ケニア、エチオピア

体重

5~14kg

体長

45~70cm

食べ物

果実、木の葉、種子など

保護状況

ワシントン条約 附属書 2表

 

特徴

木の葉を主食としており、消化するために大きな胃をもっています。黒い体に、肩からわき腹、お尻にかけて長い白い毛で覆われていて、尾は先端から基部にかけて白や黄色っぽいふさふさした毛があります。
生まれたばかりの子どもは、真っ白な色をしていて、成長とともに大人の毛の色に変化していきます。1頭のオスと複数のメスの10頭前後の小さな群れで暮らしており、同じ群れの母親以外のメスが子守をすることが見られます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ