千葉市動物公園 > 動物紹介 > 動物図鑑 > フサオマキザル

おすすめコース

総合案内

イベント

ここから本文です。

フサオマキザル

更新日:2013年5月29日

フサオマキザル

フサオマキザル

英名

Brown Capuchin

学名

Cebus apella

分類

霊長目(サル目)オマキザル科

生息地

アマゾン川流域

体重

オス3.5~3.9kg メス2.5~3.0kg

体長

オス32~56cm メス33~48cm

食べ物

果実、種子、木の芽や葉、花、昆虫、小動物など

保護状況

IUCN レッドリスト 低危険種LC
ワシントン条約 附属書2表

特徴

頭部の両側に逆立った黒い房毛があることが和名の由来となっています。胴体は褐色の体毛で覆われています。
熱帯雨林とその周辺の林に棲み、果実、種子、昆虫などを食べます。群れは一般に小さく、3~15頭ほどです。
古くから大きな石を使ってヤシの実を割り、食べることが知られています。この道具使用はチンパンジーにも見られます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ