千葉市動物公園 > 動物紹介 > 動物図鑑 > テンジクネズミ

おすすめコース

総合案内

イベント

ここから本文です。

テンジクネズミ

更新日:2013年5月29日

テンジクネズミ

テンジクネズミ

英名

Domestic Guinea Pig

学名

Cavia porcellus

分類

齧歯目(ネズミ目) テンジクネズミ科

体重

オス約1000g、メス約800g

体長

20~30cm

食べ物

牧草、雑草、野菜など

 

特徴

野生のテンジクネズミは8種南アメリカに生息していますが、当園で飼育しているのは家畜のテンジクネズミで、モルモットという愛称で呼ばれている種です。現在までアンデス地方では食肉用として飼われており、豚のように大切に飼育されていたというところからギニア・ピッグとよばれています。また、世界中でペットや実験動物としてたくさん飼われています。
耳が小さくずんぐりした体つきで、尾はありません。群れで生活しており、一頭が動き出すとその後をついて歩く習性をもちます。臆病な性格で、小さな物音や動きにも敏感に反応し、物陰に隠れて動きを止めます。群れ内でのコミュニケーションは活発に行われ、それは数種類の鳴き声によって行われることもあります。
子どもは産まれたときから目が開いており、体に毛も生えていて、親と同じ餌を食べることができます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ