千葉市動物公園 > 動物紹介 > 動物図鑑 > アオダイショウ

おすすめコース

総合案内

イベント

ここから本文です。

アオダイショウ

更新日:2013年5月29日

アオダイショウ

アオダイショウ

英名

Japanese Ratsnake

学名

Elaphe climacophora

分類

有鱗目 ナミヘビ科

生息地

日本の北海道、本州、四国、九州、および一部の島

全長

1~2m

食べ物

ネズミ、カエル、鳥のヒナや卵など

保護状況

山口県岩国市の白いアオダイショウは国の天然記念物

特徴

大きいものでは体長2mを超し、沖縄地方以外では日本で最大のヘビです。北海道から九州まで、山地・平地どちらにも生息しています。木登りが得意で、小さな哺乳類や鳥の卵、雛などをねらいます。獲物を締め付ける力は強く、窒息させてから飲み込みます。
ネズミを食べてくれるので、米倉(こめぐら)に住むアオダイショウは「主(ぬし)」などといって重宝がられていました。成長すると黒あるいは暗緑色の縦じまがみられるようになりますが、幼蛇(ようだ)のうちは、はしご模様で、マムシと間違えられることもあります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ