千葉市動物公園 > 動物紹介 > 動物図鑑 > オランウータン

おすすめコース

総合案内

イベント

ここから本文です。

オランウータン

更新日:2013年5月29日

オランウータン

オランウータン

英名

Orang-utan

学名

Pongo pygmaeus

分類

霊長目(サル目) ヒト科

生息地

ボルネオ島

体重

オス 70kg メス 40kg

体長

オス 100cm メス 80cm

食べ物

果実、木の葉など

保護状況

IUCN レッドリスト 絶滅危惧種 EN
ワシントン条約 附属書 1表

特徴

ボルネオとスマトラに生息する大型の類人縁です。オランウータンという名前は、現地の言葉で「森のひと」を意味し、生活のほとんどを樹上で、単独か親子連れで暮らしています。
オレンジがかかった茶色の体毛で、オスは大人になると顔のまわりの頬ひだが張り出してきます。また、のど袋も発達して大きな声で鳴きます。現在は、熱帯雨林の伐採や開発により、生息地が減少して、その数を急速に減らしています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ