千葉市動物公園 > 動物紹介 > 動物図鑑 > ヒツジ(コリデール種)

おすすめコース

総合案内

イベント

ここから本文です。

ヒツジ(コリデール種)

更新日:2013年5月29日

ヒツジ(コリデール種)

ヒツジ(コリデール種)

英名

Domestic Sheep(Corriedale)

学名

OVis aries

分類

偶蹄目(ウシ目)ウシ科

分布

世界中

体重

オス80~100kg、メス55~65kg

体高

オス、メス

食べ物

牧草、雑草、穀物など

 

特徴

ヒツジの先祖であるといわれるムフロンは、一年たつと毛が生え変わってしまうが、家畜として改良されたヒツジは縮れた毛を持ち、生え変わることは無い。そのため、一年に一度人の手で刈り取ってやる必要がある。
刈り取った毛は洗浄した後、綺麗に梳いて紡ぐと毛糸、熱と圧力で加工するとフェルトができあがる。また、毛、肉、乳様々な形で利用することができるので、世界中で飼われている。
当園で飼育されているコリデール種は、ニュージーランド南東のコリデール牧場で作られた、肉と毛を利用する種類である。日本では50年前はたくさん飼われていたが、その後減少し、今ではサフォークが一番多く飼われている。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ