おすすめコース

総合案内

イベント

ここから本文です。

ハゴロモヅル

更新日:2013年5月29日

ハゴロモヅル

ハゴロモヅル

英名

Stanley Crane

学名

Grus paradisea

分類

ツル目 ツル科

生息地

ナミビア、南アフリカ共和国および周辺諸国の乾燥した高原の草地

体重

4.9~5.3kg

全長

1.1~1.2m

翼開長

1.8~2.0m

食べ物

草の実、根、昆虫、魚、カエル、小さな哺乳類

保護状況

IUCNレッドリスト 絶滅危惧II類 VU
ワシントン条約 附属書 II表

特徴

翼の付け根近くにはえている三列風切という羽が伸長し、地面まで伸びている様子が天女の羽衣のように見えるため、このような名前が付けられました。ツルの仲間では珍しく首から頭部に皮膚の露出部がありません。
開発によって生息に適した草地が失われたことや、ネズミ退治の為に撒かれた毒餌を食べたことなどから急激に数が減少し、絶滅が危惧されています。
南アフリカ共和国の国鳥です。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ