ここから本文です。

学習施設

更新日:2017年3月25日

動物科学館


動物公園のランドマーク的な白亜の建物
「学びの場」としての動物園をテーマとして作られました。生きている動物の展示のほかに模型やパネルによる動物解説や動物の専門書を集めた図書室,講演会などが行われるレクチャールームも備えられています。
動物展示は,熱帯雨林をテーマとして,1階には夜行性動物,2階には南米の小型サル。熱帯植物の温室には熱帯性鳥類が放し飼いになっています。

動物展示エリアと学習展示エリアが併設しています。 動物展示施設 学習施設

動物科学館/学習施設


アジアゾウ骨格標本

スリランカから寄贈された本物の全身骨格です。日本国内でも現生のゾウの本物の骨格標本は数体しか見ることができません。

1階

レクチャールーム

レクチャールーム

約200名収容可能な多目的ホールです。講演会など,さまざまなイベントがここで行われます。

1階

常設展示室

館内随所に,「熱帯雨林」・「夜行性動物の生態」・「サルの進化」・「鳥の飛翔」など6つのテーマにより模型やジオラマ,映像を活用した展示が用意されています。

生きた動物を見た後に,さらに詳しい動物について学習をしていただけるようになっています。

1階・2階



絵本

図書室

動物に関する雑誌や図鑑,子ども向け図書が常時用意されています。

  • 「絵本の貸し出し」
    来園者に家庭での絵本の読み聞かせを通して、動物に関する興味関心を深めていただくため、「動物に関する絵本」の貸出をしています。
    1階の総合案内で手続きを行います。会員登録されれば、1人1回に5冊まで4週間借りることができます。
  • 「絵本のおはなし会」
    毎週土曜日、午前11時30分から12時まで、定員約30名。

    コピーサービスは行っておりません。※

    2階

特別展示室
企画展や写真展など,定期的に魅力ある展示を用意しています

2階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ