診療科等のご案内

ここから本文です。

更新日:2019年2月22日

部署紹介

部署紹介

5階西病棟

5階西病棟は、血液内科・内科病棟です。

主な疾患は、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍で、造血幹細胞移植や化学療法を目的とした患者さんが入院しています。長期の入院や入退院を繰り返す患者さんが多く、患者さんがその人らしく過ごせるよう、ご家族・多職種と共に支援しています。一人一人の職員を大切にし、働きがいのある病棟です。
看護部部署紹介01

5階東病棟

青葉病院で、一番見晴らしの良い病棟です。良く晴れた空気の澄んだ朝には富士山を見ることができます。病床数45床の内科病棟です。主に循環器(心不全や心筋梗塞等)、呼吸器(肺炎や気管支喘息、肺癌等)の患者さんを受け入れています。入院中を含め、退院後の生活について患者さんやご家族の心配な事を少しでも軽減できるように支援しています。

安全で安心できる、明るい病棟作りを目指して、日々頑張っています。
看護部部署紹介02 

4階西病棟

整形外科50床の病棟です。多職種で連携をとりながら、患者さんの周術期・リハビリ期の療養生活をサポートしています。また、退院後の生活を安心して送ることができるように、地域連携室・リハビリ科と合同カンファレンスを毎週行なっています。

院内で病棟スタッフが一番多く、にぎやかな病棟です。

ケア・ワーカー(介護福祉士)を中心にレクリエーションを定期的に行い、高齢の方が

元気にすごせる病棟づくりをすすめています。
看護部部署紹介03

4階東病棟

産婦人科、内科、整形外科の40床の混合病棟です。

新生児から高齢の方まで、様々な年代の女性が入院されます。

助産師・看護師それぞれの強みを活かし、患者さんとご家族に寄り添った看護を目指し日々努力しています。

助産師は生命誕生のかけがえのない瞬間を大切に「ここで産んで良かった」と思っていただける、看護師は患者さんの想いを大切に「ここに入院して良かった」と思っていただける、温もりのある看護を心がけています。
看護部部署紹介04

3階西病棟

3階西病棟は、消化器系外科・内科及び一般内科の混合病棟で、病床数は45床です。

急性期から終末期までの患者さん・家族の思いを聴き、寄り添いながら、より良い看護を目指しています。人工肛門造設患者さんには、皮膚・排泄認定看護師と連携し、看護ケアを行っています。

退院後の療養生活を考え、地域連携やリハビリテーション科と合同カンファレンスを行い、不安なく退院できるように支援しています。 

看護部部署紹介05

 

3階東病棟

3階東病棟は、泌尿器科・耳鼻科・皮膚科・眼科・歯科等、外科系や内科系問わずの混合病棟です。小児から超高齢者までの、周手術期・急性期・慢性期・終末期の患者さんが入院しています。安心して治療を受け、退院後の生活を送ることができるように、丁寧でわかりやすい説明を心がけ、思いやりのある看護を提供しています。

各科医師や多職種と、安全なチーム医療を行う為に協働しています。常に声を出し、協力し合い、笑顔で活気のある病棟です。
看護部部署紹介06 

わかば2階病棟

わかば2階病棟は、内科・感染症・小児科の病棟です。0歳から100歳を超える様々な世代の患者さんが入院されています。患者さんの療養生活を、そのひとらしく、安全・安楽に送っていただけるように支援させていただきます。若いスタッフや子育て中のスタッフも多く、協力しながら、明るく安心できるような病棟を目指しています。 看護部部署紹介07

成人精神病棟

成人精神科病棟は、身体合併症のある患者さんを受け入れている閉鎖病棟です。ベッド数は28床、うち保護室3床を有し、統合失調症やうつ病の患者さんを受け入れ、無けいれん電撃療法、集団精神療法・生活技能訓練を行なっています。おひさま会や入院生活技術訓練法(SST)に力を入れ、看護師や精神保健福祉士、臨床心理士、作業療法士が関わり、病状の改善と社会生活機能の回復を図っています。 看護部部署紹介08

児童精神病棟

児童精神科病棟は、千葉市内で唯一の児童精神科病床を有する閉鎖病棟です。ベッド数32床、うち保護室は2床で小学生・中学生の入院を受け入れています。発達障害、摂食障害、早期発症の統合失調症・うつ病・躁うつ病など多岐にわたります。病棟には、院内学級を併設しており、医師、学級の先生、精神保健福祉士、臨床心理士、作業療法士とともに、チームで子供たちに携わり、季節ごとの行事の実施や、遠足に行ったりしています。 看護部部署紹介09

救急外来

救急外来では、年間約4000台の救急搬送を受け入れています。

平成30年度からは放射線・内視鏡部門も加わり、夜間休日を問わず、緊急度が高い患者さんに迅速に対応し、身体的・精神的苦痛を最小限にとどめるよう短時間に濃厚な看護ケアを提供しています。

また救急外来看護師は、入院患者さんの緊急事態に24時間対応できる院内救急対応チーム(MET)にも所属しているため、院内全体の応急・救命処置の場でも活躍しています。
看護部部署紹介10

ICU・HCU病棟

ICU・HCU病棟は平成30年4月よりクリティカルケアの充実を図ることを目的とし、1病棟として運用することになりました。ICU4床、HC8床を有し、全診療科からの重症患者の受入を行っています。医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士・臨床工学技師など多くの職種が連携し、患者さんが1日も早く回復されるようチームでサポートを行っています。

看護部部署紹介11

外来

外来では、10の診療科と、検査処置センター部門、内視鏡部門、放射線部門、今年度より新設された入院センターの業務を常勤・非常勤看護師45名と看護補助者3名のスタッフで行っています。また、認定看護師を中心に造血細胞移植後長期フォローアップ外来やフットケア外来、がん看護相談などの対応も行っています。
「青葉病院を受診して良かった」と患者さん、ご家族に思って頂けるよう、日々取り組んでいます。
看護部部署紹介12

手術室

手術室は6室ありそのうちBCRが1室あります。年間手術件数は約3000件です。外科、産婦人科、泌尿器科では開腹手術、腹腔鏡下手術、整形外科では手の外科から脊椎、人工関節置換の手術を行っています。手術室では、あらゆる部門のスタッフとチーム医療を行っています。小児から老年期の手術を受ける患者さんに、手術が円滑に行われるよう専門的知識、技術を習得し安全・安楽を第一に考えた看護を目指しています。

看護部部署紹介13 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)