診療科等のご案内

ここから本文です。

更新日:2019年7月23日

整形外科

基本方針

  • 地域医療の基幹病院として地元医師会との病診連携をはかり、四肢の外科、関節外科、脊椎外科をはじめ整形外科全般にわたる疾患・外傷に対して幅広く対応します。
  • 近年の長寿化に伴い高齢者の受診が増加していますが、他科との連携により各種合併症に対応しつつ個々の症例に応じたQOLを大切にし、最善の方法を選択の上きめ細かい治療を行います。

診療体制

  • 平成24年4月より姉妹病院である千葉市立海浜病院と統合し、現在は13名で診療に当たっている。13名中11名は整形外科専門医であり、さらにそのうち4名は脊椎脊髄病学会指導医、3名は手の外科専門医であり、整形外科領域での骨軟部腫瘍以外の全ての分野の疾患に対応できる体制を整えている。
  • 外来診療は毎日5診で行い午後は主に専門外来とし、海浜病院の外来も交代でカバーしつつ手術適応の患者さんに関しては適宜当院に搬送して行うようにしている。
  • 救急患者に関しては、救急部や一般外科との綿密な連携のもと、千葉市夜間外科系救急の2次病院として週5日間(日曜日、火曜日、水曜日、金曜日、土曜日)、休日外科系救急の2次病院として月2日間、当直1名、待機1名の体制を引いている
  • 現在病床は40床であるが病床利用率は常に90%以上であり、近日中に増床を予定している。
  • 平成24年度の年間手術件数は1778件と県内でもトップクラスであり、その内訳は骨折などの外傷570例、手の外科手術306例、脊椎・脊髄手術211例および人工関節手術151例などである。

診療内容

脊椎疾患の代表である腰椎椎間板ヘルニアに関しては、90%以上の症例が時間と共に自然消退することが明らかになって以来手術件数は大幅に減少している。一方、高齢者の腰痛や歩行障害の原因となる腰部脊柱管狭窄症の患者数増加が著明で、外来での投薬や神経ブロック治療に効果のない症例には積極的なインスツルメントを用いた手術治療により、治療効果の確実性と早期離床をはかっている。さらに最近では高齢者に多くみられる脊椎骨折後の偽関節による頑固な遺残疼痛に対して、最新の治療法である骨セメントを用いた椎体形成術も導入し良好な結果を得ている。また当院は精神科の入院病床を有しているため、精神科疾患患者の脊椎外傷例の手術も多く認められる。脊髄腫瘍や脊髄奇形症例の紹介も多く、高度な脊髄髄内腫瘍に対しても脊髄モニタリング下での安全な手術を行っている。

  • 骨折・外傷

四肢の骨折に対しては、骨癒合ばかりでなく患肢の機能回復を最重要課題としており、時に最新の手術手技を駆使して積極的な手術治療を行い、早期リハビリ、良好な機能の回復をめざしている。また社会の高齢化に伴い脆弱性骨折が増加しているが、大腿骨頚部骨折に対しては急性期(手術治療)、回復期(リハビリテーション)そして維持期(在宅医療)の効果的・効率的な治療を行うため、地域連携パスを運用してシームレスな病院間連携を図っている。

手の外科グループは全員が手の外科学会の専門医であり、千葉市立病院以来の伝統を引き継いで千葉県内外からの紹介患者も多く、県下での指導的立場を築いている。バネ指から切断指まですべての疾患に対応しているが、特に手根管症候群、肘部管症候群などの末梢神経障害やひきぬき損傷例などに対しては、各種の誘発電位検査など電気生理学的手法を駆使して診断治療にあたっている。手の外科手術の多くは日帰り手術を基本とし、さらに小児の骨折症例など対しては可能であれば即全身麻酔での日帰り手術も行い、入院の負担を軽減するようにしている。

変形性股関節症や関節リウマチの患者に対して人工関節置換術(THA)を行い良好な成績を収めている。近年合併症を持つ高齢者の大腿骨頚部骨折患者が年々増加しているが、内科や麻酔科との強力な連携のもと積極的に手術を行っている。

変形性膝関節症、関節リウマチ、半月板損傷、靱帯損傷などに対しては積極的は関節鏡視下手術のほか、膝人工関節置換術(TKA)に対しては千葉大学整形外科において日本人のために開発されたハイテクニーIIシステムなども用いている。

診療スタッフ

氏名 職名 資格 専門分野
六角 智之 診療局長

日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会専門医

日本体育協会認定スポーツドクター

手外科

骨折・外傷一般

坂本 雅昭 整形外科統括部長

整形外科専門医

運動器リハビリテーション認定医

整形外科

股関節外科

茂手木 博之

整形外科部長

日本整形外科学会専門医

脊椎脊髄病医

運動器リハビリテーション医

リウマチ医

スポーツ医

日本脊椎脊髄病学会指導医

日本医師会認定産業医

日本体育協会公認スポーツドクター

脊椎・脊髄疾患 
渡邉 仁司

整形外科部長

日本整形外科学会専門医

日本整形外科学会リウマチ医

日本整形外科学会スポーツ医

日本体育協会スポーツドクター

関節外科
骨折・外傷一般
山口 毅

主任医長兼

海浜病院主任医長

日本整形外科学会専門医

日本体育協会認定スポーツドクター

日本DMAT

肩関節外科

骨折・外傷一般 

佐藤 淳 主任医長 日本整形外科学会専門医  
輪湖 靖 医長    
戸口 泰成 医長    
北條 篤志 医師    
寺川 文英 医師    

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)